ニュース
» 2005年05月30日 20時37分 公開

個性的な端末が勢ぞろい──LG「ワイヤレスコリア」リポート(4/4 ページ)

[佐々木朋美,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

 まるでMP3プレーヤーのように小さな四角形の「KP4400」は、256Mバイトのメモリを内蔵し、MP3、AAC、WMA、OGGファイルに対応するなど、本格的な機能を備えている。130万画素カメラを搭載した「SD870」は、見た目も使い方も、デジタルカメラそっくりのMP3フォンだ。端末を横向きにしたデジカメスタイルで撮影できるのが特徴だ。ほかにも「LP3900」「LP3550」「SD290」などの個性的なMP3フォンが展示されていた。

 手のひらに収まるコンパクトボディの「KP4400」。音楽を聴きながらSMSを送ったりゲームを楽しんだりできる。背面には130万画素のカメラがある


 カメラは130万画素。見た目はまるでデジタルカメラそのものだ。外部メモリはminiSD


 MP3専用チップを内蔵し、256Mバイトのメモリを搭載した「LP3900」。MP3のほか、WMA、OGGフォーマットに対応している。上下のスライド式で、下にスライドした際に現れるカメラは130万画素。Bluetooth機能を備え、リモコンも無線で使える


 モバイルバンキングなどで利用できる指紋認証機能が付いたMP3フォン「LP3550」。3Dステレオスピーカーや、324万画素のカメラを搭載している。外部メモリはminiSD


 厚さ17ミリのスリムMP3フォン「SD290」。背面にはフラッシュ付きの130万画素カメラを備える。外部メモリはTransFlash

国内とは違ったLGの一面に触れられる、海外向け端末

 国内同様、海外向け端末にも積極的なLGは、いくつかの海外向け端末も展示。自社の技術力をアピールしている。

 左がGSM端末「F7250」。Push-to-Talkに対応した、スタイリッシュな端末。右がGSM端末の「F1200」。VGA級のカメラ、MP3機能を搭載し、88Mバイトのメモリを内蔵している


 デュアルバンド対応の「F9100」。電話をする場合は縦に、メッセージを送る場合はスライドを開いて横にして使うという発想


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー