ニュース
» 2005年07月11日 16時49分 公開

イー・アクセス、WiMAXの実験免許申請へ

イー・アクセスは、WiMAXへの取り組みを本格化する。総務省に対し、準備が整い次第WiMAXの実験局免許を申請する。

[ITmedia]

 イー・アクセスは、参入を希望している携帯電話サービスでW-CDMA(HSDPA)を補完するシステムと位置づけているWiMAX(IEEE 802.16e)への取組みを、本格化する。実験開始に向け、総務省に実験局免許を申請する。

 イー・アクセスは今年6月に、5GHz帯のWi-Fiで屋外無線包括免許を取得していた。ここで「基礎的なデータ取得を完了、WiMAX検証のためのノウハウを蓄積した」ことから、改めてWiMAXの実験に取り組むという。

 同社はWi-Fi/WiMAXをW-CDMAと組み合わせて、高トラフィックエリアでの周波数有効利用と高スループットというユーザニーズを満たす計画。5月には、総務省のワイヤレスブロードバンド推進研究会で意見書を提出、将来的な周波数割当に向けて提案を行っている(5月23日の記事参照)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう