ニュース
» 2005年07月13日 22時48分 公開

ワイヤレスジャパン2005:「WILLCOM SIM STYLE」、一般向けに初披露──ウィルコム

ウィルコムが、今年度内にも投入予定の「WILLCOM SIM STYLE」。音声通話にフォーカスした試作機が、一般向けに初披露された。

[後藤祥子,ITmedia]

 利用シーンに応じて音声端末にもデータ通信カードにもなる──。ウィルコムが「冬のボーナス商戦に間に合わせたい」と開発を進めている「WILLCOM SIM STYLE」の試作機が、一般ユーザー向けに初披露された。

 試作機は、発表会で登場した端末と同じもの。通話機能にフォーカスした音声通話向け端末と、USBでPCに接続して使うデータ通信用端末が展示された。

 手のひらサイズのWILLCOM SIM STYLE端末。端末上部のフタを外すとW-SIMが見える。フタは簡単に開かないようロック機構が用意される

 「珍しい端末なので、足を止める人が多い」と説明員。「もっとちゃちなつくりかと思った」「思ったより小型」「かわいい」などといった声が聞かれたという。

 試作機は音声通話とライトEメール、ライトメールに対応したシンプルな端末で、カメラやWeb閲覧機能などは省かれている。「これまでリリースしてきた高機能なブラウザ搭載端末というのではなく、このところ急増している定額音声通話ユーザーの利用を意識した端末」という位置づけだ。

 キーレイアウトは通話とメールを利用しやすいよう、工夫しているという。「端末の左側面のボタンが発話キーで右側面のボタンが終話キー。ソフトキーをダイヤルキーに近い位置にレイアウトしているので、各種操作も呼び出しやすい」(説明員)

 端末の左に発話キー、右に終話キーを備える。ソフトキーはダイヤルキーの近くにある

 試作機を展示することでユーザーの意見やニーズを吸い上げ、製品版を開発する上での参考にしたい考えだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう