モバイルミュージックの世界を変革する――iTunes携帯「ROKR」(3/3 ページ)

» 2005年09月08日 21時42分 公開
[鈴木淳也,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

 iPod nanoは白と黒の2種類の筐体が用意され、1000曲を保存可能な4Gバイト版(249ドル)と500曲が保存可能な2Gバイト版(199ドル)の2バージョンがある。USB 2.0によるPCとの接続、ゲームや時計などのアプリケーション、写真閲覧が可能な小型カラー液晶など、iPod miniよりも小さいボディながら、同等かそれ以上の機能を詰め込んだ製品となっている。ジョブズ氏はiPod nanoについて「本当に本当に小さい製品だが、とてつもない機能を秘めたシリコン携帯プレイヤーだ。iPodアクセサリの数々もそのまま利用できる」と、小型化と引き換えに機能が削られたのではないという点を強調する。「iPod nanoは、本日より全国で販売が開始される。関連アクセサリ群も、4週間以内には提供できるだろう」と締めくくった。

iTunesがインターフェイスを改良してパワーアップ「iTunes 5」

 2つのビッグな新製品に隠れてしまったが、その要となるiTunesもバージョンアップを行い、さらに使いやすさをアップさせている(9月8日の記事参照)。プレイリスト群を複数のフォルダで整理可能になったほか、サーチバーの機能強化、そしてMicrosoft Outlookのカレンダーとの自動同期が可能となった。またシャッフル機能が強化され、単純なランダムではなく、好きなアーティスト中心など、より自分の好みに近い形でカスタマイズが可能となった。iTunesのサイトではアルバムのレビューが定期的に行われるようになり、子供がiTunesへのアクセスや曲の購入ができないように防止するペアレンタル・コントロール機能も搭載された。

 Appleの展開するiTunes Music Storeは、これまでに累計で5億曲を売り上げ、米国だけで82%のシェアを持っている。さらに同ストアは全世界20カ国で展開され、オンライン音楽ストア市場で85%のシェアとなっている。現在、200万のアルバムがiTMS上に収録されており、これは世界No.1の規模だ。また、最近スタートさせたインターネットラジオサービスのPodcastについて触れ、すでに700万人の契約ユーザーがおり、1万5000のPodcastディレクトリがiTMSの中に存在するという。このPodcastは、全世界21の言語で提供されている。内容も、ニュースやスポーツだけでなく、政治放送など非常に多岐にわたる。

 このiTMSに関しても、2つの新しいトピックが発表された。1つは、全世界で人気の小説「ハリーポッター」のオーディオブックの提供が開始されたこと、もう1つはこれまで提供が行われてこなかったマドンナの楽曲提供が行われ、すべてのアルバムがiTMSに収録されたということだ。会場では、現在ロンドンにいるマドンナとジョブズ氏のインターネット経由によるビデオカンファレンスが上映された。

 ロンドンにいるマドンナとのインターネット・ビデオカンファレンス

 マドンナをはじめ、今回のイベントには豪華なスペシャルゲストが何人か登場している。本人自身が人気ラッパーで、プロデューサーとしても名を馳せるカニエ・ウエストが壇上でライブを行っている。また直接壇上には上がってこなかったが、チェリストのヨーヨー・マや、元米副大統領のアル・ゴア氏なども会場の特別席にいたようだ。ジョブズ氏から突然名前を呼ばれたり、たびたびネタ振りに利用され、そのたびに会場から歓声や笑いが巻き起こった。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月20日 更新
  1. 「AQUOS R9」で起きた“3つの異変” Proなし、デザイン刷新、実質値下げの意図を聞く (2024年06月19日)
  2. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  3. 「OPPO Reno11 A」速攻レビュー 4万円台の高コスパ、カメラの進化と急速充電対応がうれしい (2024年06月20日)
  4. ドコモは通信品質をどう立て直すのか 前田新社長が語る「品質ナンバーワン」への方策 (2024年06月18日)
  5. KDDIはローソンと組んで何を仕掛ける? 携帯ショップの雇用問題解決にも? 株主総会で語られたこと (2024年06月19日)
  6. 高コスパの「POCO Pad」、海外では日本未発売のスタイラスやキーボードカバーも展開 (2024年06月19日)
  7. モトローラが「moto g64 5G」を6月24日発売 おサイフケータイ付きで3万4800円 Y!mobile向けモデルも7月上旬以降に登場 (2024年06月20日)
  8. 京セラのスマホは法人メインも「TORQUE」は継続 「コンシューマー向けはスペック競争とコスト要求が激しい」 (2024年06月18日)
  9. 携帯電話契約時にマイナンバーカードなどのICチップ読み取り必須に 券面の目視確認による不正契約に歯止め (2024年06月18日)
  10. 国内スマホシェア、Googleが約184%の大幅増 端末割引規制で全体の出荷数はダウン (2024年06月19日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー