ニュース
» 2005年11月16日 21時52分 公開

75%が「新規参入に伴う値下げを期待」──アイシェア調査

アイシェアが、携帯新規参入に関わるユーザーの意識調査を実施。値下げを期待する声が約75%に上ることが分かった。

[後藤祥子,ITmedia]

 アイシェアは11月16日、携帯新規参入(11月9日の記事参照)に関わる意識調査の結果を発表した。調査は11月11日から14日にかけて、メール告知による非公開型ネットアンケートとして実施され、有効回答数は1280。

 新規参入が決まったソフトバンクグループのBBモバイル(11月11日の記事参照)、イー・アクセスグループのイー・モバイル(11月10日の記事参照)、アイピーモバイル(11月10日の記事参照)のうち、どのキャリアに期待するかを問う質問では、77.9%がBBモバイルと回答。イー・モバイルは16.5%、アイピーモバイルは5.6%に留まった。なお、既存のキャリアを含めるとBBモバイルに期待するのは14.1%となる。

 新規3社の参入で何に期待するのかを問う質問では、74.9%が値下げに期待するという結果が出た。具体的には月額基本料の値下げが41.6%、通話料金の定額化が21.3%、パケット料の値下げが12.3%。一方で、機種本体の値下げやアプリの充実は5%未満で、それほど期待度は高くない。

 今回の調査では、既存キャリアに対する満足度についても質問している。トップは88.6%が満足していると答えたau。ドコモは73.3%、ボーダフォンは57.6%だった。いずれのキャリアも5カ月前に行った調査に比べて満足度は上がっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう