ニュース
» 2005年11月18日 19時48分 公開

シンガポールでStarHubがiモード開始──11月19日から

11月19日から、StarHubがシンガポールでiモードを開始する。これによりiモードは、15の国と地域で展開されることになる。

[ITmedia]

 NTTドコモは、StarHubがシンガポールでiモードサービスを開始すると発表した。W-CDMA/GPRSネットワーク上でiモードサービスを展開するとし、11月19日からサービスを開始する。

 対応端末はNEC製の「N600i」「N411i」(10月26日の記事参照)とSamsung製の「S410i」が用意。開始当初には100サイト以上のコンテンツ(英語/中国語)をラインアップし、iモードメールサービスやMMSの送受信もサポートする。サービスエリアは、シンガポール国内のスターハブのW-CDMA/GPRSエリアとなる。

左がN600i、右がN411i

 スターハブのサービスインにより、iモードサービスは日本を含む15の国や地域で展開されることになる。海外では既にドイツ、オランダ、ベルギー、フランス、スペイン、台湾、イタリア、ギリシャ、オーストラリア、イスラエル、ロシア、イギリス、アイルランドでiモードサービスが稼働している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー