ニュース
» 2006年01月12日 14時05分 公開

「P902i」に不具合、ソフト更新で対応

ドコモは「P902i」に不具合があるとアナウンスした。本日からソフト更新で対応する。

[後藤祥子,ITmedia]

 NTTドコモは「P902i」について、不具合があるとアナウンスした。P902iは1月6日時点で約28万8000台が販売されている。

Bluetooth機能を備えた「P902i」

 不具合は2点。1つは文字入力時に一定時間が経過すると入力を確定する「文字確定時間設定」をONに設定している際に、電源を切ってその後電源を入れると、「文字確定時間設定」の表示がONになっていても「OFF」の動作をするというもの。もう1つは1秒間隔以内に連続してメールを受信することを繰り返した際、その後SMSを受信する際に、まれに同一メッセージを重複して受信してしまう場合があるというものだ。

 これらの不具合は「ソフトウェア更新」機能を使うことで改善され、本日から対応を開始。ソフトウェア更新にかかる時間は6分程度で、更新中には携帯電話は利用できなくなる。

 なお不具合は1月製造分から更新済みの端末が出荷されており、12月製造分についてはソフトウェア更新の必要がある。端末の製造月は電池パックを外すと確認できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう