ニュース
» 2006年02月08日 16時45分 公開

ウィルコムメール遅延、再度増加傾向に

一時、回復傾向にあったメール遅延だが、8日の16時30分時点で再びメールの滞留が起こり始めている。

[ITmedia]

 ウィルコムで発生しているEメール遅延が、再び増加し始めた。8日朝の時点で滞留しているメールが減少し、回復の兆しを見せたが(2月8日の記事参照)、昼頃から再度滞留が増加傾向にあるという。

 2月6日17:58分に発生したセンターの設備障害が原因。影響は全国にわたっており、詳細な原因は調査中。復旧の目処は立っていない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう