連載
» 2006年05月19日 23時28分 公開

陽気なギャングが地球を回す「リダイヤルすればいいじゃん」Mobile&Movie 第210回

映画の中に登場する“モバイル製品”をご紹介する「Mobile&Movie」。今回は、人気の小説を映画化した「陽気なギャングが地球を回す」。三菱のスライド携帯が登場します。【ネタバレ注意】

[本田亜友子,ITmedia]
作品名陽気なギャングが地球を回す
監督前田哲
制作年・製作国2006年日本作品


 今回ご紹介する作品は、人気作家・伊坂幸太郎原作の『陽気なギャングが地球を回す』。銀行強盗のスペシャリストとして集まった四人のユニークなキャラクター、スピーディな展開に圧倒されます。以下、伏線だらけのストーリーで内容に触れますので、これから見る予定の方は注意して下さい。

 顔を見つめるだけで嘘を見抜いていまう、人間嘘発見器の成瀬(大沢たかお)。正確な体内時計を持ち、その体内時計に合わせて車を暴走させるのが趣味の雪子(鈴木京香)。スリの天才で、人よりも動物が好きな大学生の久遠(松田翔太)、人生にロマンを求め続ける演説の達人・響野(佐藤浩市)。この4人のスペシャリストは、ある日出会うべくして出会いました。それは銀行強盗が、強盗に失敗して捕まった現場。お互いの特技を認め合った4人は、自分の方が上手に強盗できるとチームを作る事にしたのです。

 緻密な計算の末、雪子が現場まで車で送り、成瀬が銀行の支店長から金のありかを問い正し、久遠が金庫を開け、その間、響野がロマンを演説するのです。スピーチが終わる時間ちょうどに雪子が再び、3人を迎えに来て、鮮やかに強盗は大成功。しかし、うかれて車を走らせていると、覆面の男たちに急に襲われ、銀行から持ち出した金が奪われてしまいました。誰かが裏切ったのでは、と4人は疑いを持ちますが、まずは覆面の男たちの正体を探るのが先。久遠は男のひとりから隙をついて、財布をすっていました。その中にあった免許証から林という名前であることがわかり、林の素性を探ることに。

 林の居場所を突き止め、尾行をしていると山の中に入って行き、林が地道(大倉孝二)と一緒にいるところを目撃します。さらに別の男たちが現われ、襲われている様子。奪った金のことで揉めているのか、その上にボスがいるのか。響野と久遠まで狙われ、慌てて車で逃げ出すと目の前に地道が立ちはだかり、ぶつかってしまいます。慌てて病院へ運ぶ響野と久遠。地道の家族に連絡しなければと、地道の携帯電話を取り出す響野でしたが、電話帳には誰の名前も登録されていません。困った様子の響野に久遠はひとこと。

 「リダイヤルすればいいじゃん」

 「最近の携帯はそんな便利な機能が付いたんだ」

うろたえながら答える響野。

 「昔からあるよ……」

 と久遠はあきれ顔。

 地道の携帯をリダイヤルし

 「ワタクシ、響野と申しますが」

 とかしこまって電話をかけてみると、なんと出たのは雪子でした。実は地道というのは、雪子のかつての恋人で、さらに雪子のひとり息子の父親でもあったのです。しかし、地道は借金を作り、妊娠した雪子の前から突然姿を消した薄情な男。そんな男が再び現れて、雪子に金を貸してくれと頼んできたのです。息子の身の危険を匂わせられ、雪子はしぶしぶ地道の言う事を聞くことに。そんな事情を知った成瀬は、今度は地道を巻き込んで、銀行強盗の計画を立てます。地道に情報をリークしてもらい、林たちを罠にはめるというもの。次の強盗は成功するのでしょうか? ロマンを求める犯罪の結末は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう