インタビュー
» 2006年12月12日 17時16分 公開

開発陣に聞く「P903i」:「P903i」がこだわった“903i最速&長時間”、そして“P”端末の今後 (3/3)

[岩城俊介,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

今後の“P”はどうなる?

photo 10種類用意するカスタムジャケット。このほか同社サイト「P-SQUARE」販売するオリジナルカスジャケ“ReMOLDe”もある。透明のクリアジャケットなどを用いて自作も可能。ジャケットデザイン作成ソフト「P-Jacket Creator」も用意する

ITmedia さて、P903iが発売されて1カ月ほど経ちましたが手応えはいかがですか。

商品企画 佐藤恭子氏(以下、佐藤氏) 弊社のユーザーアンケートなどから購入ユーザーの満足度はなかなか高いという結果が出ており、手応えは感じています。

 しかし、購入前のユーザーはちょっと「?」がある部分があるとも聞いています。例えば、形があまり変わっていない/ちょっと大きいね/重いねとか、なぜ4色展開でないの? などです(注:P903iは3色展開、そのほかの903iシリーズは4色展開)。

ITmedia なるほど。確かに先の話から、P903iはどちらかというと携帯としての基本機能を含めて内面を進化させたという印象です。

伊藤氏 P903iは、P902iシリーズからの正常進化形ということになります。従来機種の不満点を改善し「より高性能」を目指しました。

ITmedia では次以降のモデルはどうなっていくのでしょう。

伊藤氏 目新しさを演出するには、外観デザインの工夫も必要です。しかし、現在“P”端末で好評を得ているワンプッシュオープン機構は、安易には外せないと思っています。

 それが外観に「変化がない」と見えてしまう要因の1つにもなっているかもしれません。そのバランスを取りながらどう進化させていくのかが今後の重要なテーマです。

佐藤氏 カスジャケや“光り”の演出も大切なアイデンティティです。“遊び心”の要素はどのような形であれ、もちろん引き続き搭載していきたいと思います。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう