ニュース
» 2006年12月21日 14時39分 公開

ウィルコム「WX310K」向け更新ソフトウェアを公開

京ぽん2こと「WX310K」の更新ソフトウェアが公開された。内容はファイル保存の最適化など2種類。

[岩城俊介,ITmedia]
photo WX310K

 京セラは12月21日、ウィルコム向け端末「WX310K」向け更新ソフトウェアの提供を開始した。更新内容は、

  • ファイル保存の最適化
  • 電源オフ時に「バッテリーを外さないよう注意文を表示」するようにした

 の2つ。

 更新は、本体の「ソフトウェア更新」より行う。ソフトウェアの更新に関わる情報量、通信料は無料。ダウンロードに約5分、本体内のソフトウェア更新に約30分を要する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー