ニュース
» 2007年01月17日 06時25分 公開

写真で解説する「SH703i」

端末背面の上部がメタリックなパネルとなっているシャープ製のFOMA端末「SH703i」。SD-Audio対応のミュージックプレーヤーを装備し、メガゲームやデコメ絵文字、フルブラウザに対応するなど、903iシリーズ並の機能を搭載する。

[遠藤学,ITmedia]

 厚さ17.9ミリのスリムなボディが目を引くシャープ製折りたたみ端末「SH703i」は、端末背面の上下を「情報表示エリア」と「グリップエリア」に分割する、“ハーフメタリックデザイン”と呼ばれる特徴的なデザインを採用した。メインターゲットには「20代から30代の男女」(説明員)を設定する。

 メインディスプレイは、同社の薄型テレビ「アクオス」の技術を採用した約2.4インチモバイルASV液晶を搭載。サブディスプレイには約0.8インチ白色有機ELを備える。「DCMX」のiアプリをプリインストールし、音楽機能はSD-Audio、着うたフルに対応。プッシュトークやフルブラウザもサポートする。

 SH703iならではの機能としては、普段からよく使う機能にワンアクションでアクセス可能な「ワンタッチキー」を装備。メニュー画面や着信音などを一括でカスタマイズできる「きせかえツール」に加え、メガゲームやデコメ絵文字にも対応するなど、903iシリーズと遜色のない機能を備える。

photophoto ボディカラーにPink、White、Blackの3色を用意したシャープ製のFOMA「SH703i」。背面の上下を「情報表示エリア」と「グリップエリア」に分割する“ハーフメタリックデザイン”はかなり目立つ。裏面には有効約200万画素CMOSカメラを備え、そのすぐ隣にマクロ切り替え用スイッチがある

photo メインディスプレイは約2.4インチモバイルASV液晶。シャープ製端末ではすっかりおなじみとなった薄型テレビ「アクオス」の技術を採用する

photophoto 約0.8インチ白色有機ELは3行まで表示可能。時計表示は大(左)または小(左)から選択できる

photophoto 端末の左側面(左)には充電端子、イヤフォンジャック、microSDスロットがある。右側面(右)にはプッシュトークボタン、プライベートフィルタのオン/オフボタンに加え、よく使う機能にすばやくアクセスできる「ワンタッチキー」を備える

photophotophoto 登録したい機能を選び、ワンタッチキーを長押しすることで機能の登録が行える。登録できるのはiアプリやスケジュール、電卓などの機能で、「ショートカットメニューに設定可能ものは、ほとんど登録できる」(説明員)という

photophotophoto プライベートフィルタのオン(左)/オフ(右)。フィルタの濃度は「濃い」「標準」「薄い」から選択可能だ

photophoto 撮影時の設定は、「画質」「サイズ選択」「セルフタイマー」「連続撮影」などの項目が、アイコンで表示されるため分かりやすい

photophotophoto メニュー画面や着信音などを一括カスタマイズできる「きせかえツール」に対応。ボディカラーに合わせたWhite、Black(中央)、Pinkの3つをプリインストールする。また、アクロディアのミドルウェア「VIVID UI」を搭載したことで、動画アニメーション(右)や実写ムービーを設定できるようになった。個人で撮影した実写ムービーは利用できない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう