写真で解説する「SH703i」

» 2007年01月17日 06時25分 公開
[遠藤学,ITmedia]

 厚さ17.9ミリのスリムなボディが目を引くシャープ製折りたたみ端末「SH703i」は、端末背面の上下を「情報表示エリア」と「グリップエリア」に分割する、“ハーフメタリックデザイン”と呼ばれる特徴的なデザインを採用した。メインターゲットには「20代から30代の男女」(説明員)を設定する。

 メインディスプレイは、同社の薄型テレビ「アクオス」の技術を採用した約2.4インチモバイルASV液晶を搭載。サブディスプレイには約0.8インチ白色有機ELを備える。「DCMX」のiアプリをプリインストールし、音楽機能はSD-Audio、着うたフルに対応。プッシュトークやフルブラウザもサポートする。

 SH703iならではの機能としては、普段からよく使う機能にワンアクションでアクセス可能な「ワンタッチキー」を装備。メニュー画面や着信音などを一括でカスタマイズできる「きせかえツール」に加え、メガゲームやデコメ絵文字にも対応するなど、903iシリーズと遜色のない機能を備える。

photophoto ボディカラーにPink、White、Blackの3色を用意したシャープ製のFOMA「SH703i」。背面の上下を「情報表示エリア」と「グリップエリア」に分割する“ハーフメタリックデザイン”はかなり目立つ。裏面には有効約200万画素CMOSカメラを備え、そのすぐ隣にマクロ切り替え用スイッチがある

photo メインディスプレイは約2.4インチモバイルASV液晶。シャープ製端末ではすっかりおなじみとなった薄型テレビ「アクオス」の技術を採用する

photophoto 約0.8インチ白色有機ELは3行まで表示可能。時計表示は大(左)または小(左)から選択できる

photophoto 端末の左側面(左)には充電端子、イヤフォンジャック、microSDスロットがある。右側面(右)にはプッシュトークボタン、プライベートフィルタのオン/オフボタンに加え、よく使う機能にすばやくアクセスできる「ワンタッチキー」を備える

photophotophoto 登録したい機能を選び、ワンタッチキーを長押しすることで機能の登録が行える。登録できるのはiアプリやスケジュール、電卓などの機能で、「ショートカットメニューに設定可能ものは、ほとんど登録できる」(説明員)という

photophotophoto プライベートフィルタのオン(左)/オフ(右)。フィルタの濃度は「濃い」「標準」「薄い」から選択可能だ

photophoto 撮影時の設定は、「画質」「サイズ選択」「セルフタイマー」「連続撮影」などの項目が、アイコンで表示されるため分かりやすい

photophotophoto メニュー画面や着信音などを一括カスタマイズできる「きせかえツール」に対応。ボディカラーに合わせたWhite、Black(中央)、Pinkの3つをプリインストールする。また、アクロディアのミドルウェア「VIVID UI」を搭載したことで、動画アニメーション(右)や実写ムービーを設定できるようになった。個人で撮影した実写ムービーは利用できない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  4. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  5. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  6. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  7. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  8. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  9. 身に着けられる小型ドライブレコーダー&防犯カメラ「ライフレコーダー128」、クラウドファンディング開始 (2024年03月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年