ニュース
» 2007年01月25日 17時35分 公開

薄さ11.9ミリの「XS 707SC」がHSDPAに対応──「707SC II」

アクオスケータイ2nd modelとともに鮮烈なデビューを飾った薄型折りたたみ端末「XS 707SC」がマイナーチェンジし、HSDPA対応を果たした。

[園部修,ITmedia]

 サムスン電子製の薄型折りたたみ3G端末「XS 707SC」がマイナーバージョンアップする。

 ポケットなどに入れてもかさばらない薄さ11.9ミリの極薄ボディはそのままに、新たにHSDPAネットワーク「3Gハイスピード」に対応したのがポイント。

 3Gハイスピードのサービスエリアは現在全国の政令指定都市、首都圏の16号線内、名古屋市および周辺の主要都市、清水区を除く静岡市となっており、そのほかのエリアでは自動的にW-CDMAのネットワークに接続する。

 XS 707SCに搭載されていた英語、中国語、韓国語の例文翻訳・読み上げ機能も搭載する。

 詳細なスペックについては準備が整い次第発表する。

Photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう