ニュース
» 2007年01月25日 19時37分 公開

写真で解説する「911T」(2/2 ページ)

[岩城俊介,ITmedia]
前のページへ 1|2       
photophoto 上段左上から2番目のキーはかなり多目的。ミュージックプレーヤー起動/ワンセグ視聴時の縦向き/横向きフル/横向き+データ放送の切り替え、文字入力時の漢字/カナ/英数の切り替えなどが行える(左)。ダイヤルキーは平らでぴかぴか(シルバーの場合)
photophoto 本体裏面にステレオスピーカー、FeliCaポート、ストラップホール、手ブレ補正機能+AF付きの324万画素カメラを実装。VGA/30fpsの高品質動画の撮影も可能となり、カメラ機能も従来機から大きく進化した(左)。横向きに設置できる卓上ホルダが付属する(右)
photophotophoto 卓上ホルダの両サイドにある半円状の透明なプラパーツは、本体裏面にあるステレオスピーカーのためのもの
photophoto ドコモの薄型スライド端末「D902iS」(厚さ:19.9ミリ。写真=右)と厚さを比較(左)。バッテリーは3.7ボルト/800ミリアンペアアワーのものが搭載されていた。容量はやや少ないようだが(例えば、ワンセグ搭載のアクオスケータイ2nd model「911SH」は3.7ボルト/940ミリアンペアアワー)……薄型化のためだろうか。なおワンセグの連続再生時間は約3時間15分、連続通話時間は140時間、連続待受時間は約330時間を実現する(右)
photophoto サングラス型のBluetoothイヤフォンレシーバー、オークリー製「O Rokr(オーロッカー)」が付属する特別パッケージも用意する。なお、O Rokrの単体価格は3万円ほど。(左)。サングラス(本機)をかけ、イヤフォンを耳に装着。ハンズフリーフォンのほか、A2DP+Bluetoothによるワイヤレス音楽再生や内蔵カメラのムービー機能で撮影した動画の音声出力などが行える。なお説明員によると、残念ながらワンセグの音声ワイヤレス出力は、O Rokrでは行えないとのこと。
ちなみに、2006年秋冬モデル「910T」に付属したSCMS-T対応のBluetoothレシーバーはオプションとして用意される。どうせなら付属して欲しかったのだが……
photophoto あなたもわたしも“オーロッカー”
photo Bluetooth対応の家庭用スピーカーシステムも「携帯の周辺機器」として数カ月後に発売予定という

 対応サービス・機能は、Yahoo!ケータイ、Yahoo!mocoa、S!タウン、ホットステータス、サークルトーク、S!GPS ナビ、3Gお天気アイコン、ライブモニター、アレンジメール、マイ絵文字、フィーリングメール、S!アプリ(メガアプリ)、S!キャスト、デルモジ表示、レコメール、S!アドレスブック、顔認証機能、S!FeliCa、TVコール、電子コミック、バイリンガル、新電子書籍ビューワー「ケータイ書籍」、そして3D待受キャラ「くーまん」。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー