猫好きなので“どらメニュー”を作りました──美しさ+ユニークさを持った「W51S」「W51S」開発陣インタビュー(1/3 ページ)

» 2007年03月22日 11時33分 公開
[房野麻子,ITmedia]

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製のWIN端末「W51S」は、2006年の冬モデルとして登場した「W43S」の後継機種として生まれた端末だ。サブディスプレイのないフラットな背面パネルには、時刻や各種の着信情報、アラームなどが浮かび上がるように光って表示される「お知らせアイコン&イルミネーション」を採用。イルミネーションは、W43Sのように背面全体を光らせるのではなく、メインディスプレイ側の先端部と、普段は隠れて見えない背面のアイコンを点灯/点滅させるというさりげない演出だ。

 “Be a Beauty”“すべてのあなたに美しいケータイ”をキャッチコピーに掲げるW51Sは、どのような狙いで開発された端末なのか? 開発陣に話を聞いた。

photo (左から)ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ 商品企画部の冨岡氏、グラフィックデザイン担当の神山氏、UI・ソフトウェア開発担当の立川氏、ソニーデジタルデザイン インキュベイティブデザイン部の兼田氏、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ JP部門 機構設計部の安西氏

コンセプトは「デスクトップストーリー」

 柔らかなイルミネーションや浮かび上がるアイコンなど、“光”の演出が美しいW51Sの製品コンセプトを、冨岡氏は次のように説明する。

 「W51Sは、薄型でコンパクト、十分な機能、光の楽しさというW43Sの内容を踏襲したうえで、より“春”という季節を意識しています。入学・入社といった新生活が始まるタイミングに合わせて、新しい端末、新しいサービスを使って便利さを感じてもらいたい──こんな思いから、日常生活で役立つ機能を全部積み込み、かつちょっとした楽しさを盛り込んだスタンダードモデルになっています」

 女優の沢尻エリカさんを起用し、“すべてのあなたに美しいケータイ”というキャッチコピーを採用したプロモーションを展開。このコピーには端末のデザインやプロモーションだけでなく、機能も含めた全体のテイストが、あらゆる嗜好を持ったユーザーにマッチし、使って楽しんでもらえる端末にしたいという思いを込めたという。幅広いユーザーに向けた端末であるため、デザインはあくまでシンプルだ。

 「端末の機能がどんどん進化する中で、ある機能を特化させたり、とがったスペックを持たせたモデルが増えていますが、一方で普段使いの便利さがほしいというニーズも確実にあると考えています。そういったユーザーに向けたデザインならば、シンプルで癖のないデザインにすべきと考えました」(冨岡氏)

 デザインのコンセプトは「ステーショナリー」。プロダクトデザインを担当した兼田氏は、シンプルで洗練されたスクエアフォルムを採用し、お気に入りの手帳や革小物などを連想させる端末に仕上げたと話す。

 「開発がスタートした時の全体のテーマは『デスクトップストーリー』。机の上で使う革小物などをイメージしながら開発を進めました。革小物などは普段から使っているもので親しみやすく、長く愛用するもの。そこでカラーごとにテクスチャーを変えるなど、(ボディカラーに合わせた)3つの世界観をきちんと作ってあげることにしたのです」

photophoto スクエアフォルムながら、ダイヤルキー側のボディ側面に丸みを持たせることで、開けやすく、持ちやすい端末に仕上げた。「開けやすさや持ち心地にはこだわりました。また、幅は手に持ったときに一番収まりがいい、48ミリにしています」(兼田氏)

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月18日 更新
  1. 縦折りスマートフォン6機種のスペックを比較する サイズ/カメラ/価格の違いは? (2024年04月17日)
  2. ソフトバンク版iPhone 15 Pro、Pixel 8 Proの一部容量が実質24円 1年で買い替える人向け「新トクするサポート(プレミアム)」の内訳とは (2024年04月17日)
  3. 「ポケモンGO」大幅アップデート より自分に近いスタイル変更、現実世界を反映したビジュアルなど (2024年04月16日)
  4. Back Marketの「リファービッシュ製品」が中古と違うワケ 売れ筋はiPhone 13、バッテリー“100%保証”の計画も (2024年04月17日)
  5. 「なめてんの?」前澤友作さん、Metaの“他責的声明”に激怒 著名人なりすまし広告問題で (2024年04月17日)
  6. 「改正NTT法」が国会で成立 KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルが「強い懸念」表明 (2024年04月17日)
  7. HMDとハイネケン、透明で“退屈な”折りたたみ携帯を発表 (2024年04月17日)
  8. ソフトバンク、「新トクするサポート(プレミアム)」を4月18日に開始 対象機種は? 現行プログラムとの違いは? (2024年04月16日)
  9. バッファロー製Wi-Fiルーターに脆弱性 対象機種は今すぐファームウェア更新を (2024年04月17日)
  10. 「au PAY プリペイドカード」が4月23日にリニューアル タッチ決済に対応 「バーチャルカード」としての発行も可能に (2024年04月17日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年