ニュース
» 2007年03月30日 15時16分 公開

“Vistaっぽい”機能を追加――「jigブラウザ」が4月1日にバージョンアップ

jig.jpは4月1日から、同社フルブラウザアプリの「jigブラウザ」に、Webページやjigletなど画面上のタスクを3D表示し、簡単に切り替えられる機能を追加すると発表した。

[平賀洋一,ITmedia]

 jig.jpは3月30日、フルブラウザアプリの「jigブラウザ」をバージョンアップし、3D表示によるタスク表示切替機能を提供すると発表した。4月1日から利用可能になる。

photophoto Windows Vistaの「フリップ3D」のように画面を切り替えられる、jigブラウザの3Dタスク表示機能(左)。サムネイル一覧表示も行える(右)

 jigブラウザのタスク表示切替機能は、「MENU」キーを長押しすることでブラウザ上で開いているWebページやjigletなど、すべてのタスクのサムネイルを3D形式で動的に表示するもの。3Dビューにより、開いているタスクを次々に表示し、簡単に目的のタスクへ切り替えることができる。

 この機能をアクティブにするには、「MENU」内の「設定」→「表示設定」→「タスク表示設定」から設定の切り替えを行う必要がある。3D表示だけでなく、サムネイルをフラットに表現する一覧表示や、タスクのタイトルのみを表示することも可能。さらに今回のバージョンアップには、「決定」キーを長押しすることでサブメニューを開く機能も含まれる。これにより、PCの右クリック操作と似たWebブラウジングが行えるという。

 3Dによるタスク表示のほか、一覧表示及びタイトル表示に対応する機種は、NTTドコモのメガiアプリ対応機種で903iシリーズ(SH903i/P903i/D903i/F903i/N903i/SO903i/D903iTV/F903iX HIGH-SPEED/P903iTV/SH903iTV)と、703iシリーズ(SO703i/SH703i/F703i/P703i/D703i)。

photo 「jigブラウザ」

 タスクのタイトル表示のみに対応する機種は、902i/901i/900iシリーズ、N703iD/P703iμ/N703iμ/F702iDなど、jigブラウザ100K版に対応するドコモ向け端末。サブメニューの表示機能はドコモのメガiアプリ対応端末のほか、auのEZアプリ[Java]Phase3に対応するW11H/W11K/A5403CA/A5406CA/A5407CAで利用できる。

 jigブラウザのダウンロードは「 http://br.jig.jp/?p=25 」から行え、料金プランは年額6000円と月額630円の2種類を用意する。ダウンロード後、購入(登録)前にページ数制限がある無料デモで実際の操作感を試すことが可能だ。また、jigブラウザを使用する機種を変更しても、ユーザーIDやお気に入り、設定などの引き継ぎが行える。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう