ニュース
» 2007年05月28日 22時45分 公開

歩行者の安全をサポート──沖電気が「安全携帯端末」を試作

沖電気工業が、DSRC車々間通信システムを携帯電話に組み込む「超小型DSRC無線モジュール」を開発し、同モジュールを搭載した歩行者安全支援用途の小型携帯電話の試作に成功した。

[ITmedia]

 沖電気工業は、DSRC車々間通信システムを携帯電話に組み込む「超小型DSRC無線モジュール」を開発し、同モジュールを搭載した歩行者安全支援用途の携帯電話の試作に成功したことを発表した。

 この安全携帯端末は、超小型DSRC無線モジュールを使ったDSRC車々間通信機能とGPS位置測位機能を、携帯電話のGSM機能と連携させるもの。同端末を持つ歩行者は、車々間通信装置を搭載する走行車両に対して、自分を中心としたDSRC無線エリアを構成。そのエリア内に自分の位置情報を一定時間の間隔で発信する。互いの位置が接近し、双方からの受信電力が規定値を超えると、相互に位置情報を常時交換し、また相互の位置関係から、交通事故発生の可能性が高い場合に、事前に注意を喚起する。

 将来的には、交換した位置情報とその時間の変化から相手の挙動を瞬時に解析し、自分への異常接近の疑いがあれば、携帯電話側ではバイブレーション機能などで、車々間通信装置側では音声ガイダンス機能などで、歩行者やドライバーに危険予防を促すことが可能になるという。

Photo システム構成
Photo 運用イメージ

 同社は2008年度からの安全運転支援システムの官民合同大規模実証実験と2010年度からの運用開始に向け、商品化に向けた開発を進める計画。また、大規模実証実験に対応するため、3G携帯やPHS、無線LANとの一体型携帯端末へ機能拡張する予定としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう

アクセストップ10