ニュース
» 2007年07月13日 17時09分 公開

「911T」にドキュメントビューアが起動しなくなる不具合、ソフト更新で対応

東芝製端末「911T」に、初回起動時から60日後にドキュメントビューアが起動しなくなる不具合があることが分かった。ソフトバンクモバイルは、ソフト更新で対応する。

[ITmedia]

 東芝製端末「911T」に、初回起動時から60日後にドキュメントビューアが起動しなくなる不具合があることが分かった。不具合の影響があるのは発売中のすべての911Tで、台数は約22万台(7月1日時点)。ソフトバンクモバイルは、不具合を解消するソフトウェアを7月13日からネットワーク経由で提供開始する。

Photo ワンセグ+3インチWVGA+薄型スライド+HSDPA+BTの全部入り3G端末「911T」

 911Tは、ワンセグ、ワイドVGA(480×800ピクセル)表示対応の3インチワイド液晶、A2DP対応のBluetooth、1Gバイトの内蔵メモリ、手ブレ補正機能付きの320万画素AFカメラ、FeliCaなどの機能を備えた3Gハイスピード(HSDPA)端末。“ほぼ全部入り”といえる多彩な機能を持つスリムなスライドケータイとして注目を集めた。、

 

関連キーワード

911T | ソフトバンクモバイル | 東芝


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう