インタビュー
» 2007年08月08日 15時47分 公開

自分らしく、あなたらしく──fanfun. 815Tの名に込めた“女性目線”の真意開発陣に聞く「fanfun. 815T」(2/3 ページ)

[太田百合子,ITmedia]

パネルを“専門”に担当するチームを用意

 ただし、これだけの数のパネルをそろえるのは容易なことではない。

photo ずらりと並ぶコーディネートパネル
photophoto
photophoto ハートや桜、金魚、幾何学模様などの柄をあしらったプリントパネルだけでなく、パイソンやスティングレイ、ハラコといった革素材を使用したもの、そしてキュービックジルコニア調のものを使用したパネルなども用意する。テーマ別に分類された管理用のパネル色見本ファイル(右下)。これだけ数が多いと管理も大変そうだ
photo 「プリントパネルとネイルを、同じ色や柄でコーディネートするのも楽しいですよ」と東氏。取材当日、実際にプリントパネルに合わせたネイルを披露してくれた

 同社はまず、fanfun, 815Tのプロジェクトグループ内にパネルを専門に担当するチームを作った。さらにファッションスタイルを10前後に分け、そのセグメントごとに担当デザイナーと相談を重ねながら、バリエーションを増やし、テーマも絞り込んでいったという。

 「プリントや素材にこれだけバリエーションがあれば、いろいろな楽しみ方ができます。例えばプリントパネルを季節に合わせて変えるのもいいし、バッグや小物に革素材パネルを合わせることもできますね」(東氏)

 特に革素材は、ファッションとコーディネートして安っぽくならないよう、本物の質感にこだわったという。

コーディネートが“面倒にならない”よう、使いやすさにも注力

photo パネルはロックを指で外すだけで簡単に交換できる

 「最初からこういうデザインだったかのように見える、自然な形を目指しました」(東氏)

 ファッションや気分に合わせて頻繁に交換できるように、パネルの取り付け方法を工夫した。背面下部のロックを指で外すだけパネルを簡単に交換でき、パネルを取り付けると本体と一体化する。そこに、デザインを崩すような余計な留め具類は一切使っていない。

 さらに、その使いやすさにもこだわりを込めた。テーマの2つ目に掲げた「メールの打ちやすさ」を実現するため、大きく、凹凸のある形状のキーを採用。そして、パネルに合わせて待受画面やメニューのユーザーインタフェース(UI)をコーディネートする際に、ワンタッチでダウンロードから設定まですべて行える、本機専用の「携帯デコ」機能も用意した。

 この[携帯デコ]キーを押し、パネルに付属するQRコードをカメラで読み込むだけで待受画面やメニューUIが一変する仕組みが新しい。

 「この操作だけで、パネルのトーンに合った待受画面やメニューが自動的に設定されます。本体の内蔵メモリがいっぱいになれば、自動的にmicroSDに保存されるようにもなっています」(村中氏)

 パネルの着せ替え方法だけでなく、そのパネルに合わせた画面デザインのコーディネートも面倒な操作なしに楽しめるのも「女性目線」に立った考えから生まれた“ならでは”の工夫だ。

photophoto 薄さや質感にこだわる814Tが平らなシートキーを採用したのに対し、fanfun. 815Tは操作しやすい独立したキーを採用する(左)。[Y!]キーを長押しするとQRコード認識モードに移り、パネルデザインやトーンに合わせた待受画像やメニューデザインデータをWeb経由で取得し、自動的に設定してくれる仕組み。もちろん個別の操作で、メニューだけ、あるいは待受画面だけを変更することもできる(右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう