調査リポート
» 2007年08月16日 22時34分 公開

携帯電話の留守電サービス、不満点は「伝言の確認が有料」――マイボイスコム

マイボイスコムが「携帯電話の留守電機能」に関する調査を実施した。携帯ユーザーの7割が何らかの留守番機能・サービスを利用し、キャリアの留守電サービスが有料である点を不満に挙げている。

[ITmedia]

 マイボイスコムはこのたび、「携帯電話の留守電機能」に関する調査結果を発表した。調査はリサーチコミュニティ「MyVoice」の登録メンバーを対象に、2007年7月1日から同5日まで実施したもので、有効回答数は1万3191件。内訳はNTTドコモ利用者が43%、auが29%、ソフトバンクモバイルが19%、ウィルコムが3%だった。

photo 留守電機能の使用状況

 同調査によれば、携帯電話の留守電機能の使用状況は、「留守番電話サービス」が14%、伝言メモ、簡易留守メモ、簡易留守録などの「携帯電話本体内のもの」が42%、両者の「併用」が14%となり、利用者合計は7割に達している。

 ネットワークサービスである留守番電話サービスの満足度は、「満足している」が12%、「まあ満足している」が42%と、半数以上が満足を示した。満足している具体的なポイントについては、「メッセージの録音時間」「伝言の確認方法」「録音できる件数」が上位を占めている。これに対して不満な点は、「伝言の確認が有料」が79%で圧倒的多数。2位には32%の「伝言の確認方法」が続いた。

photo ネットワーク「留守番電話サービス」の満足・不満点

 携帯電話機本体の留守電機能については、「満足している」が13%、「まあ満足している」が47%と、6割が満足度を示しており、留守番電話サービスをやや上回った。満足しているポイントは、「伝言の確認が無料」が38%で最多。2位は29%の「メッセージの録音時間」だった。とはいえ、録音時間を不満点として挙げるユーザーも60%に達している。そのほか、50%が「録音できる件数」を不満としている。

 なお、携帯電話本体の留守電機能の応答時間で適当と思われる長さは、「30秒」が43%で最も多く、38%の「15秒」が2位に続いている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう