連載
» 2007年11月02日 20時13分 公開

クローズZERO「そう簡単には死なねぇ」Mobile&Movie 第282回

映画に登場する“モバイル製品”をチェックする「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは人気コミックをオリジナルストーリーで映画化した『クローズZERO』。品行最悪の男子校で頂点に立つのは?【ネタバレ注意】

[本田亜友子,ITmedia]
作品名クローズZERO
監督三池崇史
制作年・製作国2008年日本作品


 今回ご紹介する作品は、人気コミック『クローズ』をオリジナルストーリーで映画化した『クローズZERO』。不良生徒ばかりが集まった鈴蘭高校に転校してきたゲンジ(小栗旬)は、ひょんなことからチンピラのケン(やべきょうすけ)と意気投合し、ワルの頂点を目指していきます。以下、内容に触れますので、これから見る予定の方は注意して下さい。

 品行最悪の男子校・鈴蘭は、不良学生が己の強さをケンカで誇示し合う武闘社会。鈴蘭制覇を目指して、これまで数多くの生徒が争いを続けてきましたが、いまだに統一されたことはありませんでした。

 現在、最も力を持っているのは3年生の芹沢(山田孝之)が率いる“芹沢軍団”。芹沢は親友トキオ(桐谷健太)と共に、鈴蘭のてっぺんを目指して、戦い続けていました。

 そこへ転校してきたのが、ゲンジ(小栗旬)。鈴蘭の噂を聞きつけ、自分こそが鈴蘭を制覇すると意気込んでやって来たのです。転校初日から大暴れするゲンジを、芹沢と間違えたのが、チンピラのケン(やべきょうすけ)。弟分を芹沢に痛めつけられたと思い、ケンは報復するつもりだったのですが、なぜかゲンジを気に入ってしまいます。それというのも、ケンは鈴蘭高校のOBで、学生時代は鈴蘭制覇を夢見たクチ。自分ができなかった野望を、ゲンジに託したくなったのです。

 固い絆で結ばれた“芹沢軍団”を倒すには、仲間が必要でしたが、ゲンジはこれまで一匹狼で生きてきた男。ケンのアドバイスを頼りに、少しずつ仲間を増やしていくことに。多少の失敗はあったものの、ゲンジの男気に惹かれるように、鈴蘭に新しい軍団“GPS”(ゲンジ・パーフェクト・制覇)が旗揚げされ、やがて勢力を拡大していったのでした。

 そんな時、ゲンジが校内で待ち伏せに合い、大ケガをしてしまいます。鈴蘭制覇の難しさを知ってゲンジは、あらためてケンに話を聞いてもらうために、尋ねていきました。ゲンジとケンが港近くで話し込んでいると、ルカ(黒木メイサ)がいかつい男たちに囲まれて、危険な状態に。ゲンジはやめろと割って入っていきますが、ケンはケガをしているゲンジをかばい、ルカと逃げろと支持します。複数の男を相手にひとり戦うケン……。

 数時間後、ゲンジは携帯電話でケンに連絡します。

 「大丈夫か?」

 口先だけでケンカの弱いケンは、

 「大丈夫だよ」

 と強がります。

 「オレは無敵のケンさんだよ」

 ゲンジは、ケンの優しさに胸を打たれます。

 「そう簡単に死なねぇ」

 仲間のために自分を犠牲する、ケンの男らしさを学んだゲンジ。GPSの仲間にも、ケンと同じように熱いものを感じるようになっていきました。そんなゲンジについてくる男たちが次第に増え、GPSは芹沢軍団に匹敵するほどの存在に。激化する抗争の中、鈴蘭の頂点に立つのは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう