調査リポート
» 2007年12月07日 22時26分 公開

携帯ゲーム探しは“公式サイト”より“検索”

MMD研究所がケータイゲームの利用動向に関する調査結果を発表。ケータイゲームを探すのに利用するのは検索が公式サイトを上回り、ゲームで遊ぶ頻度は約6割が「毎日」と答えている。

[ITmedia]

 MMD研究所は12月6日、エボルブが運営する携帯アプリゲームサイト“ゲー選Jr.”と共同で行った、同サイト利用者向けのクローズドアンケートの結果を発表した。携帯アプリゲームに対するリテラシー、ロイヤリティの高いユーザーの意識、利用動向を調査することを目的に、11月17日から同26日まで実施したもので、有効回答数は1110人。

 同調査によれば、携帯ゲームを探す際に「普段利用しているゲーム専門サイト」を利用すると回答したユーザーは64.3%、「検索」を行うと回答したユーザーは46.7%、次いで23.3%が「友人の紹介」と回答している。「公式メニューから」探すという回答は約12.4%に留まった。

 携帯ゲームやサイトを友人に紹介したことがあるかという質問には、「ない」という回答が77.1%に上ったが、3割近いユーザーが1人以上の友人に口コミをしているとことが分かった。

 携帯ゲームで遊ぶ頻度は、60%近くのユーザーが「毎日」と回答しており、1日のうち携帯ゲームで遊ぶ時間に関しては、「30分以上」という回答が約30%に上った。

 携帯ゲームの利用シーンは、「自宅」が77.2%、学校や仕事の「休憩時間」が41.8%、「電車の中」が35.9%で上位を占めた。携帯ゲーム以外の時間つぶし、暇つぶしの手段は、どちらも約6割のユーザーが「メール」「インターネット」と回答しており、「音楽」や「マンガ・雑誌」を上回っている。

関連キーワード

口コミ | 検索


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう