ニュース
» 2007年12月11日 23時09分 公開

QRコードを応用した“貼るパスワード”「HaruPa」

[ITmedia]

 NTTアイティは12月11日、暗号化技術とQRコードを応用したパスワード管理ツール「HaruPa」を、12月12日に販売開始すると発表した。

 HaruPaは安全なパスワードを自動生成し、暗号化するツール。パスワードをQRコードに変換し、印刷してPCなどに貼り付けて利用する。QRコードを印刷するPC用「HaruPa生成ソフト」と、印刷されたQRコードを読み取り、パスワードを表示する携帯電話用「HaruPa読取ソフト」で構成され、パスワード入力が必要なときはQRコードを携帯電話で読み取り、復号化されたパスワードを取得する。

 これによりパスワードを覚えている必要がなく、パスワードの変更作業もQRコードを張り替えるだけで完了。事前に携帯電話で複合鍵設定を行うため、QRコードから他者にパスワードを不正取得される心配もないという。

Photo システムの利用イメージ

 HaruPa生成ソフトの対応OSはWindows 2000(Pro)SP4以上、XP(Home、Pro)SP2以上, Vista(Ultimate)、HaruPa読取ソフトの対応端末は、DoJa3.5プロファイルよるiαppliが利用可能で、QRコード読み取り可能なカメラを内蔵しているFOMA 90xiシリーズ、70xiシリーズ。

 企業向けのHaruPa For オフィスの価格は1ライセンス2万790円、家庭向けのHaruPa For リビングは1ライセンス3654円。HaruPa体験版は製品サイトから無償でダウンロードできる。

関連キーワード

パスワード | QRコード | 暗号化 | 自動生成


携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう