ニュース
» 2007年12月14日 19時35分 公開

ひさびさに登場、ウィルコムの新機種──イー・モバイル端末に好調傾向もPHS&データ通信端末販売ランキング(12月3日〜12月9日)

ウィルコムの販売ランキングに久しぶりの新機種がランクイン。データ通信端末のランキングは、イー・モバイル製端末が上位を占めている。

[ITmedia]
PHS販売ランキング 先週順位 メーカー 製品名
1 2 ケーイーエス 9(nine)(WS009KE)
2 1 東芝 WX320T
3 3 京セラ WX320K
4 5 シャープ Advanced/W-ZERO3[es]
5 6 京セラ WX320KR
6 7 ネットインデックス nico.
7 8 京セラ WX310K
8 9 シャープ W-ZERO3[es] Premium version
9 ネットインデックス nico+
10 11 三洋電機 WX310SA
この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。
photo nico+

 今回のウィルコム販売ランキングは、「9(nine)」が、東芝製の「WX320T」を抜き、約1カ月ぶりに首位に返り咲いた。

 そして、携帯冬商戦が始まりウィルコム端末の購買需要も高まったためか、音声端末とはやや異なるユーザー層に好まれるスマートフォン「Advanced/W-ZERO3[es]」が5位から1つ順位を上げ、4位に入っている。前回、圏外からいきなり4位へと躍進して驚かせた「W-ZERO3」は、残念ながら今回はランキングから消えた。

 さて、今回は久しぶりに初登場端末がお目見えした。それが12月6日発売の「nico+」。2006年7月発売のnico.をベースに赤外線通信機能を搭載し、ソーダブルー、メロングリーン、レモンイエロー、シトラスオレンジ、ピーチピンク、セサミグレーの新カラー6色で展開する(ピーチピンク、レモンイエロー、セサミグレーは2008年1月発売予定)。今回はnico.シリーズ2機種がランクインする状況だが、今後はどうなっていくだろうか。


データ通信端末ランキング 先週順位 キャリア(MVNO含む) 製品名
1 1 イー・モバイル D01NE
2 3 イー・モバイル D01NX
3 2 ウィルコム AX520N
4 4 ウィルコム AX420S
5 7 イー・モバイル EM・ONE(S01SH)
6 5 ウィルコム AX420N
7 6 イー・モバイル EM・ONEα(S01SH2)
8 8 ウィルコム AX530IN
9 9 ウィルコム WS008HA
10 10 日本通信 BM-H1C3-150H
この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。

 データ通信カードのランキングは、イー・モバイル端末が1位と2位を占めた。

 首位はPCカード型の「D01NE」、2位はCF型の「D01NX」がランクイン。イー・モバイル端末は、このほかに、5位の「EM・ONE」、7位の「EM・ONEα」を含め、計4機種が入っている。

 そして、イー・モバイルは12月12日に国内初の7.2Mbps HSDPA通信サービスを開始し、同時に7.2Mbps通信対応端末「D02HW」(USB接続型)を発売した。

 もう1つ、12日にCF型 D01NX用のデル製PDA向けWindows Mobile 5.0ドライバとMac OS X(10.3.9/10.4〜10.4.11)対応ドライバが公開された。

 これらにより、販売状況にも変化をもたらしてくれると思われる。次回の結果に少し期待しよう。


 ウィルコムの直販サイト「ウィルコムストア」で公開されている売れ筋ランキング(2007年12月14日現在)は以下の通り。

  • 1位:Advanced/W-ZERO3[es]
  • 2位:WX320T
  • 3位:WX320K
  • 4位:9(nine)
  • 5位:WX320KR

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう