ニュース
» 2007年10月26日 22時28分 公開

値札に大きく「0円」──なんだか変わったウィルコムコーナーPHS販売ランキング(10月15日〜10月21日)

W-VALUE SELECTの改訂の影響か、ウィルコムの販売ランキングは2週連続で変動があり、初めてランクインする端末も登場した。そして販売店のウィルコムコーナーは、某社のように「0円」の値札がずらりと並ぶようになった。

[岩城俊介,ITmedia]
順位 先週順位 メーカー 製品名
1 1 ケーイーエス 9(nine)(WS009KE)
2 3 東芝 WX320T
3 2 京セラ WX320K
4 4 シャープ Advanced/W-ZERO3[es]
5 京セラ WX320KR
この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。
photo 9(nine)

 ウィルコムの販売ランキングは、10月10日に行ったW-VALUE SELECTの改訂の影響か、今回も連続で順位の変動があった。

 首位は、ケーイーエス製の「9(nine)」(2006年12月発売)で前回と変わらず。続いて、東芝製の「WX320T」(2007年7月発売/)が前回の3位から1つ順位を上げて2位に、3位に京セラ製「WX320K」(2007年7月発売)、4位にシャープ製スマートフォン「Advanced/W-ZERO3[es]」(2007年7月発売)といつもの顔ぶれがランクイン。そして5位に京セラ製の「WX320KR」(2007年9月発売)が入り、初めてランクインを果たした。

 さて、W-VALUE SELECTの改訂でウィルコム端末の多くは、W-VALUE SELECT+2年利用で購入時0円、月々の追加支払額も0円とする“実質0円端末”となっている。それを受けて、販売店のウィルコムコーナーにある価格表も「0円」の文字が、ソフトバンクモバイルのそれと同じように、気持ち、いやかなり大きく記載されるようになった。もちろん現在は実質0円でないAdvanced/W-ZERO3[es]などは“分割支払金/月々**円”ともしっかり記載されているわけだが、最近の微細な順位の変動も「あ、実質0円なんだ。それならば……」というような心理要因も少なからず関連していることと思われる。

 それにしてもこれを最初からやればいいのにと思うのだが、そういうわけにはいかない何かの理由があったのだろう。


photo 某家電量販店のウィルコム用パンフレットも、大きく「0円」表示

 ウィルコムの直販サイト「ウィルコムストア」で公開されている売れ筋ランキング(2007年10月26日現在)は以下の通り。

  • 1位:Advanced/W-ZERO3[es]
  • 2位:WX320K
  • 3位:9(nine)
  • 4位:AX520N
  • 5位:AX420N

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう