ニュース
» 2007年12月20日 17時46分 公開

京セラの「WX310K」用バージョンアップソフト、公開停止

京セラは12月19日に公開した「WX310K」用バージョンアップソフトを公開停止にした。まれに、ソフト更新が正常に終了しない事象が発生するという。

[平賀洋一,ITmedia]

 京セラは、12月19日に公開したウィルコム向けPHS端末「WX310K」用のバージョンアップソフトに、ソフト更新が正常に終了しない不具合があることを発表した。

 不具合の原因は現在調査中。WX310K用のバージョンアップソフトは現在ダウンロードを一時停止している。

 修正ソフトウェアについては現在準備中で、用意でき次第ダウンロードを再開するという。

関連キーワード

WX310K | 京セラ | 不具合 | ウィルコム | PHS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう