連載
» 2008年11月18日 10時00分 公開

カーナビ市場の黒船となるか──ナビタイム「WND」の狙いと戦略神尾寿のMobile+Views(2/2 ページ)

[神尾寿,ITmedia]
前のページへ 1|2       

WNDの料金/サービス体系は検討中

Photo WNDはドライバー向けのNAVITIMEだと話す大西氏

 このようにナビタイムのWNDは、新たなカーナビゲーションの形態として期待されるものだ。しかし、その商品化については、サービス提供のスキームや端末ブランドの在り方、料金体系など、いまだ検討中で不分明なところも多い。特に通信サービスが軸となるナビゲーションサービスだけに、料金体系は気になるところだろう。

 「料金体系をどうするかは、まだ確定していません。ただ、我々の希望としては、WNDの端末価格に(一定の)複数年間のコンテンツ料金と通信料は『込み』にして販売したいとは考えています。ユーザー感覚でいっても、カーナビゲーションを買って、端末購入費とコンテンツ料金、通信費が別々にかかるというのは負担感があるでしょうから」(大西氏)

 カーナビと通信サービスの料金体系を見ると、トヨタ、日産、ホンダの大手3社のテレマティクスサービスは、新車購入時に装着するカーナビゲーションの価格に一定期間のサービス利用料金を「込み」にしている。ナビタイムのWNDも同様の料金体系をイメージしており、その実現に向けて模索しているという。

“つながるナビゲーションサービス”を目指す

 PNDの市場が成長する中で、虎視眈々と投入時期を狙うナビタイムのWND。大西氏はその潜在市場規模について、どのように見ているのだろうか。

 「WNDの潜在市場について指標的な数字があるかというと、今のところありません(笑) ユーザー数はプロダクトとサービスを育てることで、ロードバランスを見ながら増やしていくものだと考えています。むろん、それに合わせてサーバ側の増強も行います。ただ、我々が(通信型カーナビを投入する上で)有利なのは、すでにサーバが運用されていることですね」(大西氏)

 また、携帯電話に加えてWNDなどさまざまな端末が登場することで、PC向けWebサービスとの連携など、NAVITIMEの“つながること”によるメリットをさらに訴求したいと、大西氏は話す。

Photo ナビタイムジャパンは「つながるナビゲーション」を目指す

 「PCで旅行や移動のプランを作り、クルマに乗るときはWNDで(サーバに)つなぐ。電車と徒歩ならば、携帯電話のNAVITIMEを使うといったようにサービス連携をするメリットは強く打ち出していきたいですね。NAVITIMEのサービスは、通信があるからこそ可能になる『つながるナビゲーション』であることに意義があります。そこを強調していきます」(大西氏)


 景況感の悪化にともない、自動車販売市場は低迷しているが、それでも日本では約7000万台の乗用車・商用車が走っている。これらのうち据え付け型カーナビが普及しているのは約2000万台程度だ。残りの5000万台は今も“カーナビなし”であり、ここに新たなナビゲーション市場が厳然として存在する。

 また、情報サービスやコンテンツビジネスの視座に立つと、実際に街を走り回り、豊富なセンサー情報が得られてバッテリーの心配もないクルマは、モバイル通信でサーバに「つながるナビゲーション」にとって宝の山である。

 ナビタイムのWNDがどのような姿で登場し、カーナビ市場をどのうよに変えていくのか。また、その進化の過程でどのようなサービスやビジネスを生みだすのか。それらは「クルマと通信サービスの連携・融合」の可能性を見る上で、非常に重要な取り組みと言えるだろう。今後の動向に注目していきたい。

携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう