2008年秋冬版 使用スタイル別に選ぶ「Bluetoothハンズフリー&イヤフォン機器」カタログ(音楽対応モデル編)バイヤーズガイド(3/8 ページ)

» 2008年11月21日 17時07分 公開
[坪山博貴,ITmedia]

質実剛健なリモコンスタイル、音楽やワンセグ、複数端末の同時接続など機能も充実──サンワサプライ「MM-BTSH3」

photo サンワサプライ「MM-BTSH3」。本体はほどよくベーシックなデザインで操作性も上々。動作時はフックボタンの周囲にあるインジケータが点滅するが、これがやや目立つってしまうのが残念

 クリップ付きのリモコンスタイルが特徴の小型モデルが、サンワサプライの「MM-BTSH3」。ワイヤレスの音楽再生やワンセグの音声出力はもちろん、2つの端末を同時に接続できる機能なども備える。

 前面に大きなフックボタンを備え、右側面にボリューム、左側面に再生/停止と曲送りボタンを備える。各ボタンが独立しているので、操作性は上々だ。

 MM-BTSH3独特の装備として意外に便利なのが、外部ブザー機能。イヤフォンを本体に接続しなくても電源のオン/オフや着信などを外部スピーカーで認知できるので、ペアリング操作時や携帯電話側の着信音を無効にして利用する場合などに重宝しそうだ。もちろんブザー機能は無効にもできる。

 充電は専用のUSBケーブルで行う仕組み。PCのUSB端子や汎用のUSB充電器などが利用できる。

photophoto そのままネックストラップとしても利用できるもイヤフォンが付属する(左)。固定式クリップで衣類などに挟むスタイルでももちろん使える。クリップの根元あるストラップホールに別途ネックストラップを取り付けて、首に提げて利用することもできる(右)
photo 充電は付属USBケーブルで行う。ケーブルは短めだが、携帯するにはかえって都合がよいだろう。USB汎用充電器などが使える

主なスペック
製品名 MM-BTSH3
メーカー サンワサプライ
製品形態 リモコン型
装着スタイル 両耳(イヤフォン)
本体サイズ(幅×高さ×奥行き) 25×56.8×16.5ミリ
重量 約20グラム
連続通話時間 約12時間
連続音楽再生 非公開
連続待受時間 約250時間
充電時間 約3時間
充電端子(USB充電) 円形プラグ(○)
Bluetoothバージョン v2.0
HSP(音声通話)
HFP(音声通話)
A2DP(音楽再生)
AVRCP(楽曲・ワンセグ操作)
ワンセグ音声出力(SCMS-T)
ステレオ音声出力
マルチポイント接続
ノイスリダクション系機能
通信可能距離 半径約10メートル(Class 2)
イヤフォン接続(3.5ミリステレオミニジャック)
イヤーピースカバー
イヤーフック
ヘッドバンド
その他機能、特徴 USB充電ケーブルのみ付属
カラー ブラック、ホワイト
+D Shopping最安値
(2008年10月末現在) “前後”とある項目は調査時取り扱いがなく参考価格です。価格は変動します)
5770円



ケーブルレスのネックバンドスタイル、これ1台で音楽やワンセグもOK──モバイルキャスト「mBandR(MPX2200R)」

photo モバイルキャスト「mBandR(MPX2200R)」。ネックバンドスタイルが特徴。イヤーピース型よりはボディ大きいが、それほど重さは感じない。耳へ自然に装着できるので、スポーツなど少し激しく動く場合も安心

 ネックバンドスタイルが特徴のステレオヘッドセットが、モバイルキャストの「mBandR(MPX2200R)」。チタンブラックとピアノホワイト、2種類のカラーを用意し、台数限定で模様入りデザインを施したコラボレーションモデルなども販売されている。

 ネックバンドスタイルの製品としては一般的なオープンエアタイプで、操作ボタンを右側のユニットに集中して配置する。大きなフックボタンとは別に各種スイッチが配置され、楽曲操作を上下するレバースイッチで、ボリューム操作は独立ボタンで直感的に操作できる。耳に装着したままでも、操作でとまどうことはまずないだろう。

 音楽再生時の音質は、ユニット口径を大きめに確保できるオープンエアタイプらしく、中低音までしっかり出る。特性もこれといって過度な補正などは感じない。音楽再生のほか、ワンセグの音声出力も行える。


photophoto ボリュームはボタン式、音楽再生操作はレバースイッチと、操作方法が異なるで、手探りでも間違えにくい。その下にカバー付きのMicro USB形状の充電端子がある。USB充電ケーブルも付属する(左)。収納時はコンパクトに折りたためる
photo こちらは「クリスタルボール」コラボモデル。カラーが異なるだけで、かなりカジュアルな印象にも変化する

主なスペック
製品名 mBandR(MPX2200R)
メーカー モバイルキャスト
製品形態 両耳ネックバンド型
装着スタイル 両耳
本体サイズ(幅×高さ×奥行き) 134×75×160ミリ(使用時)
重量 約58グラム
連続通話時間 約13時間
連続音楽再生 非公開
連続待受時間 約200時間
充電時間 約3時間
充電端子(USB充電) 独自(○)
Bluetoothバージョン v1.2
HSP(音声通話)
HFP(音声通話)
A2DP(音楽再生)
AVRCP(楽曲・ワンセグ操作)
ワンセグ音声出力(SCMS-T)
ステレオ音声出力
マルチポイント接続
ノイスリダクション系機能
通信可能距離 半径約10メートル(Class 2)
イヤフォン接続(3.5ミリステレオミニジャック)
イヤーピースカバー
イヤーフック
ヘッドバンド
その他機能、特徴 ネックバンド部は折りたたみ可能
カラー ブラック、ホワイト(このほかコラボレーションデザインなど複数)
+D Shopping最安値
(2008年10月末現在)
(“前後”とある項目は調査時取り扱いがなく参考価格です。価格は変動します)
5980円

主なBluetoothプロファイル

プロファイル名 機能
A2DP(Advanced Audio Distribution Profile:高度オーディオ配信プロファイル) ステレオ音楽再生のためのプロファイル
AVRCP(Audio/Video Remote Control Profile:オーディオ/ビデオ リモート制御プロファイル) 携帯では、ミュージックプレーヤーの楽曲操作や音量調整、ワンセグのチャンネル切り替えなどを行うプロファイル
BIP(Basic Imaging Profile:基本画像プロファイル) 対応デバイス間で画像データの送受信や閲覧、あるいは印刷を可能にするプロファイル
BPP(Basic Printing Profile:基本印刷プロファイル) メールや画像、テキストデータをプリンタ固有のドライバなしにBluetooth対応プリンタで印刷できるようにするプロファイル
DUN(Dial-Up Network Profile:ダイヤルアップネットワークプロファイル) PCなどから、携帯ないし対応機器を無線ダイヤルアップモデムとして使用するためのプロファイル
FTP(File Transfer Profile:ファイル転送プロファイル) 2台のPC間でファイルを参照、あるいはGOEP(Generic Object Exchange Profile:一般オブジェクト交換プロファイル)を用いて送受信する場合などに用いるプロファイル
HFP(Hands-Free Profile:ハンズフリープロファイル) ハンズフリーデバイス、一般的に自動車に設置する機器で使用し、ハンズフリーで通話できるようにするプロファイル
HSP(Headset Profile:ヘッドセットプロファイル) 主に無線ヘッドセット機器と携帯を接続するための基本プロファイル
HID(Human Interface Device Profile:ヒューマンインタフェースデバイスプロファイル) キーボードやマウス、コントローラなどの操作機器を接続する場合に使用するプロファイル(携帯でも、シャープ製の一部機種にBluetooth対応キーボードが利用できる機種がある)
OPP(Object Push Profile:オブジェクトプッシュプロファイル) 2台の機器間で連絡先やスケジュールデータなどを交換する場合に用いるプロファイル
PAN(Personal Area Networking Profile:パーソナルエリアネットワークプロファイル) 2台以上の対応機器で簡易無線ネットワークを構築するプロファイル
SPP(Serial Port Profile:シリアルポートプロファイル) 仮想シリアルポートを設定し、2台の対応機器を接続するプロファイル


Bluetooth対応イヤフォン/ヘッドフォン

コンパクトなリモコン型、音楽再生やワンセグ出力にも対応──プラネックス「BT-HP01AD」

音楽やワンセグもOK、カジュアルに利用できるリモコンスタイル──ソフトバンクセレクション「SBSBT81AIR」

質実剛健なリモコンスタイル、音楽やワンセグ、複数端末の同時接続など機能も充実──サンワサプライ「MM-BTSH3」

ケーブルレスのネックバンドスタイル、これ1台で音楽やワンセグもOK──モバイルキャスト「mBandR(MPX2200R)」

コンパクトに折りたためる、ネックバンドスタイルの多機能モデル──サンワサプライ「MM-BTSH9」

音楽再生とワンセグに対応、手持ちのイヤフォンも使えるリモコン型の万能モデル──Jabra「BT3030」

音楽やワンセグにも対応する、左右独立型のイヤーフックスタイル──サンワサプライ「MM-BTSH2N」

クリップで保持できる小型リモコンスタイルで、好みのイヤフォンが利用できる──ソニー「DRC-BT15P」

音楽+ワンセグにも対応、そこそこの機能とやや安価が特徴のドコモ標準オプション──NTTドコモ「ワイヤレスイヤホンセット 02」

両耳イヤーフック型スタイルが特徴、もちろん音楽やワンセグに対応──ソニー「DR-BT140Q」

カジュアルに音楽再生を楽しめるネックバンドスタイル──ソニー「DR-BT21G」

デザインと長時間待受性能が優秀、気軽に使える小型リモコンスタイル──ソニー・エリクソン「HBH-DS205」

両耳イヤーフックスタイルの音楽、ワンセグ対応モデル──ソフトバンクセレクション「SBS-LBTHP01」

使いやすいリモコンスタイルで音楽再生やワンセグに対応、FMラジオも搭載──モトローラ「S605」



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー