ニュース
» 2009年03月27日 19時01分 公開

iPhone 3Gの第2期特需、早くも下火?携帯販売ランキング(3月16日〜3月22日)(3/4 ページ)

[岩城俊介,ITmedia]

「iPhone 3G」第2期特需はもう下火!?

2009年3月第4週(ソフトバンクモバイル)
順位 先週順位 製品名
1 2(↑) 830P
2 1(↓) iPhone 3G
(16Gバイト)
3 3(→) iPhone 3G
(8Gバイト)
4 4(↑) 830SH
5 11(↑) 816SH
6 6(→) 932SH
7 5(↓) 923SH
8 8(→) 930SH
9 7(↓) 831SH
10 12(↑) 921P
この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。
Photo iPhone 3G

 3月に入って再燃した「iPhone 3G」の特需は早くも下火になってきたのだろうか。

 今回はパナソニック モバイル製「830P」(2008年秋冬モデル)が首位を奪還。続いて2位にiPhone 3Gの16Gバイトモデル(前回1位)、3位にiPhone 3Gの8Gバイトモデル(前回3位)、4位にシャープ製の「830SH」(2008年秋冬モデル)、5位に同じくシャープ製の「816SH」(前回ランク圏外 2007年夏モデル)が入った。

 iPhone 3Gは2月27日に始まった「iPhone for everybody」(2009年5月31日まで)キャンペーン効果で、3月第2週にキャリア総合ランキングで首位に躍り出る快挙を見せた。ただ、強烈な勢いを感じたのはこの1週のみで、翌週にはキャリア総合で8位(ソフトバンク内では首位)に下落。今回はキャリア総合でさらに下げた10位に、ソフトバンク内でも「実質0円」の安価モデル 830Pに抜かれてしまった。

 もちろん、月末に一括払い(量販店で購入する場合、店舗の還元ポイントが付くメリットなどある)で購入しようと考える会社員ユーザーの給料日待ち、あるいは次年度(2009年度)に下りる稟議待ちといったビジネス需要なども存在すると思われ、「もう下火」と決めつけるのは早いとは思うが……今後、どんな動きを見せるだろうか。

 今回順位を上げたのは、前回のランク圏外からランクインした816SH(今回5位)と「921P」(今回10位)の2機種。816SHはスマート一括が導入された現在もいまだなくならない「スパボ一括**円」(月額8円)対象端末として販売されるのをよく見かける。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう