第1回 軽くて持ちやすく、キー入力しやすい機種はどれ?――KCP+端末最新ケータイ徹底比較(au 2009年春モデル編)(2/2 ページ)

» 2009年03月31日 21時59分 公開
[田中聡,ITmedia]
前のページへ 1|2       

十字キー:キー配列は全機種共通、押し心地はCA001が快適

 十字キーとソフトキーに割り当てられている機能と、ソフトキーの配列は、今回のKCP+端末では全機種共通となっている。十字キーの上でau one ガジェット、下で待受ショートカット、左右で発着信履歴の選択ができる。ソフトキーは左上にアドレス帳キー、左下にメールキー、右上にアプリキー、右下にEZキーが割り当てられている。また、決定キーからメインメニューを呼び出せるのも全機種共通だ。

 ドコモやソフトバンク端末は、メーカーによってキーの配列が異なる場合があるが、au端末はほぼ統一されているので、他メーカーの機種に乗り換えてもスムーズに使いこなせるだろう。

 キーの押し心地は、ソフトキーが突起していて十字キーにウェーブがかかっているCA001が最も快適だと感じた。反面、S001とSH001は十字キーと決定キーを押し間違えることがあった。

photophotophotophoto Premier3はクリック感は問題ないが、蒸着塗装されているので指紋がやや目立つ(写真=左端)。Xminiはこの中では唯一センサーキーを採用。操作に多少の慣れは必要だが、感度は良好で、大きなストレスを感じることなく操作できた。ブルッと震えるフィードバックも心地よい(写真=左中)。S001は十字キーのクリック感が浅く、決定キーと十字キーの溝が狭いので、誤操作をすることが何度かあった。激しいキー操作が求められるアクションゲームは少々辛いかもしれない。また、マナーキーとマルチキーがソフトキーの間にあるのも特徴だ(写真=右中)。H001は、ソフトキーが十字キーに向かってわずかにすり鉢状になっていて押しやすい(写真=右端)
photophotophotophoto T001は十字キーと決定キーが六角形という珍しい形状。各キーが大きく、問題なく操作できた(写真=左端)。CA001は各ソフトキーが突起しているのに加え、十字キーにウェーブがかかっていて押しやすい(写真=左中)。SH001はクリック感がやや固く、十字キーと決定キーを押し間違うことが何度かあった(写真=右中)。P001はキータッチが柔らかめ。クリック感は問題ない(写真=右端)

ダイヤルキー:メール多用派にはCA001がお勧め

 メールやメモなど、ケータイで文字入力をすることが多い人にとっては、ダイヤルキーの操作感も見逃せないポイントだ。各キーがあまりにも小さいと当然押しにくく、誤操作をする確率も上がる。だからといって各キーが大きすぎるとキー面積が大きくなり、指の移動距離が増して負担がかかる。そこで、各ダイヤルキーの高さ(縦の長さ)と、キーの上端と下端、つまり“十字キーの上”と“ダイヤルキーの[0]”までの長さを調べた(下表を参照)。

 ダイヤルキーが最も縦に長いのは、CA001とSH001の約8ミリ。上キーから[0]キーまでの距離はSH001の方が短く、指先の移動は少なく済むが、キー自体の押しやすさは、ウェーブ状になっているCA001の方が上だと感じた。CA001はこの中では上キーから[0]キーまでの距離が最長だが、極端に指に負担がかかると感じることはなかった。もちろん指の移動距離は短いに超したことはないので、1つの比較対象として参考にしてほしい。

ダイヤルキーの大きさと距離
各ダイヤルキーの高さ 上キーから0キーまでの距離
Premier3 約4.5ミリ 約57ミリ
Xmini 約3ミリ 約43ミリ
S001 約6ミリ 約53ミリ
H001 約7.5ミリ 約58ミリ
T001 約7ミリ 約60ミリ
CA001 約8ミリ 約64ミリ
SH001 約8ミリ 約58.5ミリ
P001 約4ミリ 約51ミリ
photophotophotophoto シート上に正方形のキーを乗せたPremier3のダイヤルキーは、クリック感があり打ちやすい。各キーが離れているので誤操作もほぼない(写真=左端)。Xminiは各キーが突起しているとはいえ、さすがに縦3ミリは小さい。指の腹よりも爪先で押した方が誤操作を防げる(写真=左中)。S001はスライド端末のためダイヤルキーの面積はやや小さいが、各キーがわずかにウェーブ状になっていて押しやすい。[1][2][3]キーの上にスペースがあるのもよい(写真=右中)。H001はキー全体の横幅がやや小さい印象があるが、誤操作はほぼなかった(写真=右端)
photophotophotophoto T001のキーはわずかにウェーブがかかっており、押しやすさは問題ない(写真=左端)。CA001は、革や籐などの編み込みパターンをモチーフにしたキーを採用。各キーが縦と横で交互に突起しておりキー面積も大きいので、快適に押せる(写真=左中)。SH001はダイヤルキーがマットな質感になっている。キーの大きさは十分だが、ほぼフラットな形状。ソフトバンクのSH端末でもおなじみの「アークリッジスリムキー」などを採用してくれると押しやすかったと思う(写真=右中)。P001のダイヤルキーは、わずかに突起している数字そのものを押すという珍しいデザイン。クリック感が弱く、もう少し突起が欲しかった(写真=右端)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月24日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  4. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  5. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  6. マイナンバーカードで本人確認できる「デジタル認証アプリ」が登場 使い始めるには? (2024年06月24日)
  7. 現行Androidスマートフォンの価格まとめ【2024年6月編】 「OPPO Reno11 A」「moto g64 5G」を安く買えるのはどこ? (2024年06月24日)
  8. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
  9. 光るスマホ「Nothing Phone(2a)」の背面、実は日本製のポリカーボネート樹脂だった (2024年06月22日)
  10. ダイソーで550円の「(USB)Type-Cイヤホン」を試す 万が一に備えた代替品としては十分だが、音がちょっと気になる (2024年06月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー