ニュース
» 2015年08月18日 21時08分 公開

海外用SIMも:mineoが「ドコモプラン」の詳細発表、“使える端末が最も多い”MVNOに――500Mバイト/700円から auプランも値下げ (2/2)

[平賀洋一,ITmedia]
前のページへ 1|2       

海外用プリペイドSIMと訪日外国人向けプリペイドSIMも発表

 mineoはドコモプランと同時に、海外渡航者向けサービス「mineo海外用プリペイドSIM」と、訪日外国人向けのプリペイドSIM「Prepaid SIM for Japan Travel」も発表した。

photo 「mineo海外用プリペイドSIM」

 mineo海外用プリペイドSIMは1枚で複数の国と地域で利用できる3G(W-CDMA/UMTS)データ通信専用のSIMカード。アイルランドCubic Telecomが提供する国際SIMサービスを利用している。料金体系は7つの対象地域(中国、香港、台湾、韓国、タイ、アメリカ、ヨーロッパ)で定額制のデータ通信が行える「データパックチャージ」と、100以上の国と地域で従量課金制のデータ通信が可能な「従量チャージ」に対応する。

photo 指定エリアで定額利用できる「データパックチャージ」と、100以上の国と地域で利用できる「従量チャージ」の2プランに対応

 パッケージ価格は3000円で、30Mバイト分のデータパック料金付き。追加チャージはデータパックの場合は30Mバイト/650円、100Mバイト/1480円、500Mバイト/5480円、1Gバイト/9800円ごとに行う。チャージしたデータ料金の有効期限は30日間。一方の従量チャージはユーザーが金額を指定してチャージし、1Mバイトごと32円/92円/858円のゾーン別料金が引かれていく方式。チャージした料金は1年間有効。またどちらのプランとも、最後のチャージから12カ月間チャージされないとSIMが無効になる。

 発売は9月1日で、同社のECサイト「eoショッピングモール」や実店舗「mineoアンテナショップ」(JR大阪駅前のグランフロント大阪内)、Amazon.co.jpで販売する。

photo 訪日外国人向けの「Prepaid SIM for Japan Travel」

 Prepaid SIM for Japan Travelは観光やビジネスで日本に訪問する外国人旅行者を対象としたプリペイドSIMで、2800円/1Gバイトと5000円/5Gバイトの2プランを用意した。有効期限は最大60日間。パッケージを英語・中国語・韓国語・タイ語・日本語などの多言語で表記しており、専用のコールセンターでも多言語でのサポートを提供する。家電量販店や旅行代理店での販売を予定している。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう