シリーズ最薄最軽量の「Kindle Oasis」発売 バッテリー内蔵カバーで数カ月動作

» 2016年04月14日 06時00分 公開
[ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 Amazon.co.jpは4月13日、電子書籍リーダー「Kindle」の最上位モデル「Kindle Oasis」を発表した。Kindle史上で最薄最軽量の新デザインボディー、デュアルバッテリー方式による最長のバッテリー駆動時間、均一性を高めたディスプレイが主な特徴となる。同日予約注文の受付を開始し、4月27日に発売する予定だ。

Kindle Oasis Amazon「Kindle Oasis」

 価格はWi-Fiモデルが3万5980円、Wi-Fi+無料3Gモデルが4万1190円。ロック画面などにキャンペーン情報(広告)を表示しないモデルもあり、価格はそれぞれ2000円増額となる(いずれも税込)。

 本体サイズは122(幅)×143(高さ)×3.4〜8.5(奥行き)ミリ、重量はWi-Fiモデルが約131グラム、Wi-Fi+無料3Gモデルが約133グラムだ。従来機と比較して、平均30%薄く、20%以上軽い(最厚部は従来の最薄モデルであるVoyageの7.6ミリより厚い)。Kindle史上最も強度の高いカバーガラスと、高剛性プレーティングを施したポリマー樹脂フレームで剛性にも配慮した。

薄型ボディー 厚さは3.4〜8.5ミリ、重量はWi-Fiモデルが約131グラム、Wi-Fi+無料3Gモデルが約133グラム

 ボディーは片側のフレームを太く厚くしてグリップ部を設け、そこに重心を寄せることで、片手でも安定して握りやすいエルゴノミクスデザインを採用した。加速度センサーにより、左右どちらの手でグリップ部を握っても、自動的に表示向きが切り替わる。タッチディスプレイでのタッチ操作だけでなく、グリップに設置されたボタンでも簡単にページめくりが可能だ。

エルゴノミクスデザイン 片手でも安定して握りやすいエルゴノミクスデザインを採用

 バッテリーはKindle Oasis本体に加えて、付属のレザーカバーにも内蔵。デュアルバッテリー方式により、1回の充電で数カ月の利用が可能(明るさ設定10、ワイヤレス接続オフで1日30分使用した場合)としている。カバーを装着すると、カバーから本体へ自動的に充電を行う。バッテリー充電時間はPCからUSB経由での充電で約3時間(USB 2.0充電ケーブルが付属)。

 レザーカバーは本革製で、ブラック、メルロー、ウォルナットの3色から選べる。カバーの重量は約107グラム、装着時の重量はWi-Fiモデルが約238グラム、Wi-Fi+無料3Gモデルが約240グラムだ。

レザーカバー バッテリー内蔵のレザーカバーが付属
レザーカバーのカラバリ 付属のレザーカバーは3色(ブラック、メルロー、ウォルナット)を用意

 コントラストが高く、明るい環境下でも視認性が高いCarta電子ペーパー技術によるPaperwhiteディスプレイは、Voyageと同じ300ppi(pixels per inch:1インチあたりのピクセル数)の6型サイズ、16階調グレースケール表示だ。ただし、内蔵ライトのLED数をVoyageの6個から10個に増やすことで、輝度と明るさの均一性を高めている。

 ストレージ容量は4GB。ファイル形式は、Kindleフォーマット8(AZW3)、Kindle(AZW)、TXT、PDF、MOBI、PRCをサポートし、HTML、DOC、DOCX、JPEG、GIF、PNG、BMPは変換して対応する。Wi-FiはIEEE802.11b/g/n準拠だ。

新旧比較 Kindle電子書籍リーダーの比較

関連キーワード

電子書籍リーダー | Kindle | Amazon | 電子書籍


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  4. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  5. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  6. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  7. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  8. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  9. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年