プリペイド格安SIMの買い方と注意点は?

» 2016年06月06日 06時00分 公開
[ITmedia]

 「プリペイド格安SIM」は、MVNOが提供している前払い制の通信プランのことを指します。海外旅行者が利用するサービスだけでなく、国内向けのプリペイド格安SIMもここ数年でラインアップが豊富になってきました。格安SIMサービスを試す目的や、短期間の旅行や出張での活用が期待されます。

 プリペイド格安SIMのタイプは大きく分けて2つあります。1つは、決められた通信量を使い切ると終了になるタイプ。有効期間も設定されていますが、期間内でも容量がなくなると使えなくなります。もう1つは、決められた日数をすぎると終了になるタイプ。こちらでは、通信量の上限が例えば「50MB/日」のように定められています。

 どちらも通常の格安SIMと比べると割高の料金設定となっており、通信量1GBが使えるプランで3000円以上掛かります。追加で容量を補充することで利用する期間を伸ばせるサービスや、そのまま通常の格安SIMプランに契約を切り替えて使える場合もあります。

OCNモバイルONEで提供しているプリペイド格安SIMには、期間型と容量型の2種類がある

 プリペイド格安SIMは、一般的に家電量販店のほか、オンラインショップなどで販売されています。パッケージを購入したのち、事業者が指定する専用のサイトや電話窓口を通して開通手続きを行いましょう。本人確認の書類などは必要ありません。なお、パッケージは現金でも購入できるため、クレジットカードを登録せずに使えるのもポイントです。

 留意しておきたいのは、プリペイド式では「データ通信専用SIM」しか提供されていないということ。SMS対応や音声通話対応のSIMカードは選択できません。また、MVNOが提供しているオプションサービスは一部しか利用できません。プリペイド格安SIMの使用が終了した場合には、事業者が指定する方法にしたがってSIMカードを返却しなくてはいけないことも覚えておきましょう。

格安SIM なんでもQ&A

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月24日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. Xiaomiが「POCO F6 Pro」を発売 Snapdragon 8 Gen 2搭載で6万9980円から、ゲーミング要素は控えめに (2024年05月23日)
  3. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
  4. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  5. データで振り返る“スマホシェア”の5年間、Google躍進で国内メーカーに衝撃 (2024年05月24日)
  6. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  7. USB Type-C接続のインイヤーオープン型イヤフォン「JBL TUNE305C」発売 (2024年05月23日)
  8. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  9. ポケモンGOのAR撮影が“誰でも簡単に”楽しめるよう大幅進化 Nianticの狙い、遊んで感心したこと (2024年05月23日)
  10. POCOブランド初のタブレット「POCO Pad」、4万4800円で6月中旬以降に発売 (2024年05月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年