ニュース
» 2018年08月16日 09時58分 公開

「Android 9 Pie(Go edition)」は今秋リリースへ

メモリ1GB以下のローエンド端末「Android Go」の「Android 9 Pie」へのアップデートは今秋実施するとGoogleが発表した。OSとアプリの容量削減で、ユーザーが使えるストレージ容量が「Oreo(Go Edition)」より500MB増える。起動スピードも速くなる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月15日(現地時間)、一部の端末には既にOTAを開始している最新モバイルOS「Android 9 Pie」の「Android Go」エディション、「Android 9 Pie(Go edition)」を今秋リリースすると発表した。

 Android Goは、同社が昨年の「Google I/O」で発表したメモリが1GB以下のローエンド端末。3月に中国ZTEが「Tempo Go」を発売して以来、120カ国以上で200種類以上の端末が販売されている(日本では販売されていない)。

 go 1 Go edition端末は120カ国以上で低価格で販売されている

 Android 9 Pie(Go edition)は、「Android Oreo(Go edition)」同様に、最新OSの機能をGo端末でも利用できるよう最適化したものだ。

 OSおよびプリインストールアプリの容量がOreo(Go edition)よりさらに小さくなり、内蔵ストレージでユーザーが使える容量がOreo(Go edition)より約500MB増える。また、起動速度も短縮され、データ監視用ダッシュボードが追加される。

 go 2 ストレージが8GBの場合、5.5GBを自由に使えるようになる

 Google MapsやYouTubeなどのGo editionアプリもそれぞれ更新され、新機能が幾つか追加される。

 Googleによると、現在100以上の端末メーカーが年内に新たなGo edition端末を発売する計画という。

関連キーワード

Android | Google | Android Go | モバイルOS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう