ニュース
» 2018年08月22日 13時30分 公開

OPPOの「R15 Neo」は2万円台 Huawei対抗の“コスパモンスター”なるか?

OPPOのミッドレンジスマホ「R15 Neo」が8月31日から順次発売される。価格は2万5880円から。6.2型ディスプレイや大容量の4320mAhバッテリーを搭載した高コスパモデルだ。

[田中聡,ITmedia]

 OPPO Japanが投入する新たなSIMロックフリースマートフォン「R15 Neo」の発売日、価格、販路などの詳細が判明した。発売日は、4GBモデルが8月31日、3GBモデルが9月7日を予定しており、価格は4GBモデルが2万9880円(税別、以下同)、3GBモデルが2万5880円。ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、Amazon.co.jpなどで販売される。カラーはダイヤモンドブルーとダイヤモンドピンクの2色。

R15 Neo
R15 Neo 「R15 Neo」のダイヤモンドブルー

 ディスプレイは6.2型のHD+(720×1520ピクセル)液晶で、アスペクト比は縦長の19:9。ディスプレイ上部にノッチを設け、額縁を狭くしたことで、画面占有率は前モデル「R11s」の85.8%より高い88.8%に向上した。R15 Proの3430mAhよりも大きな4230mAhのバッテリーを内蔵している。

R15 Neo 6.2型で幅は75.6mm。個人的には片手でも持ちやすいサイズ感だ。コーナーが丸みを帯びているので手に優しい
R15 Neo 前面のノッチ。この上にインカメラやレシーバーがある

 背面の素材は樹脂だが、ダイヤモンドをカットしたようなデザインが特徴。角度によって光の反射が変わり、さまざまな表情を見せてくれる。背面には2000本以上のヘアラインを入れ、24層の光学コーティングを施している。

R15 Neo きらりと光る背面。角度によって見え方が変わる
R15 Neo 左側面にSIM/microSDスロットとボリュームキーを搭載
R15 Neo 右側面に電源キーを搭載
R15 Neo 下部にスピーカー、Micro USB端子、3.5mmイヤフォンジャックがある

 プロセッサはSnapdragon 450を採用。メインメモリは3GBと4GBの2種類があり、内蔵ストレージはどちらも64GB。2枚のSIMどちらもVoLTEで待受ができる「DSDV(デュアルSIM、デュアルVoLTE)」に対応する。さらにR15 NeoではmicroSDスロットを別途用意しており、2枚のSIMと1枚のmicroSDを同時に使える。これはR15 Proにもない利点だ。

R15 Neo 2枚のSIMカードとmicroSDを同時に使え、しかもDSDVに対応している

 ネットワークはNTTドコモ、au、ソフトバンク(Y!mobile)に対応しており、MVNOの格安SIMをはじめとした、さまざまな通信サービスを利用できる。あらかじめ複数のAPNがプリセットされており、主要なMVNOのSIMなら手動でAPNを設定せず、APNを選択するだけですぐに通信を開始できる。確認したところ、ドコモやauのMVNO、ドコモ本家の「spモード」、Y!mobileのAPNがプリセットされていた。

 指紋センサーは搭載していないが、インカメラを使った顔認証を利用可能。本体を持つだけで自動で画面が点灯し、顔認証でロック解除後、上にスワイプすればホーム画面に移動する。

 カメラは背面には1300万画素と200万画素の2つを搭載。R15 Proとは異なり、サブカメラは深度測定用で、背景を自然にぼかすために使われる。インカメラは800万画素で、R15 Proと同様、精度の上がったAIビューティー機能に対応している。

R15 Neo 背面にデュアルカメラを搭載

 SIMロックフリースマホの売れ筋は2万〜3万円台で、R15 Neoは、そのど真ん中を攻めてきた。競合他社の製品で特に売れているのが、Huaweiの「P20 lite」。Huaweiオンラインストアでの価格は3万1980円で、R15 Neoよりやや高い。

 R15 Neoは(P20 liteにはある)指紋センサーは搭載しておらず、ディスプレイの解像度やカメラの画素数はP20 liteよりも低いが、より大きなディスプレイや大容量のバッテリー、DSDVなどがアドバンテージだ。スペックでP20 liteを上回る部分もあるだけに、製品の良さが広まれば、P20 liteと肩を並べてヒットする可能性が高い。

R15 Neo
主なスペック
機種名 R15 Neo 【参考】HUAWEI P20 lite(SIMロックフリーモデル)
メーカー OPPO Huawei
OS ColorOS 5.1(Android 8.1ベース) Android 8.0
プロセッサ Snapdragon 450 Kirin 659
メインメモリ 3GB/4GB 4GB
ストレージ 64GB 32GB
外部メモリ microSDXC(最大256GB) microSDXC(最大256GB)
ディスプレイ 約6.2型HD+ TFT液晶 約5.84型フルHD+ TFT液晶
解像度 720×1520ピクセル 1080×2280ピクセル
バッテリー容量 4230mAh 3000mAh
アウトカメラ 有効約1300万画素CMOS+200万画素CMOS 有効約1600万画素CMOS+200万画素CMOS
インカメラ 有効約800万画素CMOS 有効約1600万画素CMOS
ボディーカラー ダイヤモンドブルー、ダイヤモンドピンク クラインブルー、サクラピンク、ミッドナイトブラック
サイズ 約75.6(幅)×156.2(高さ)×8.2(奥行き)mm 約71(幅)×149(高さ)×7.4(奥行き)mm
重量 約168g 約145g
対応バンド FDD-LTE:Band 1、2、3、4、5、7、8、18、19、20、26、28
TD-LTE:Band 38、39、40、41
W-CDMA:Band 1、2、4、5、6、8、19
FDD-LTE:Band 1、3、5、7、8、18、19、26、28
TD-LTE:Band 41
W-CDMA:Band 1、2、5、6、8、19

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう