今日から始めるモバイル決済
連載
» 2018年10月06日 06時00分 公開

モバイル決済サービスの使い方:「楽天Edy」は対応店舗の多さが魅力 ただしiPhoneで使うには工夫が必要 (2/2)

[房野麻子,ITmedia]
前のページへ 1|2       

メリット:加盟店が多く、チャージと支払いが便利

 楽天EdyはFeliCaを使ったサービスなので、支払いの手続きが非常に素早くスマートだ。リーダー/ライターにスマホをかざすだけでいい。今ではリーダー/ライターの性能も上がっているので、読み取りも一瞬で済む。QRコード決済のように、端末のロックを外し、アプリを起動して画面を見せる、場合によってはQRコードを読み取るという操作が一切なく、支払いがさっと終わる。

 また、おサイフケータイのサービス開始当初から提供されているので、使える場所が多いのも魅力だ。コンビニ、スーパー、カフェ、ドラッグストア、百貨店、飲食店と、日々の生活に関わる多くのお店で利用できる。万が一財布を忘れても、おサイフケータイにEdyを登録していれば、都市圏だったら生活できてしまうだろう。使う機会が多いほど、QRコード決済と比較して便利さ、快適さを強く感じる。

 プリペイド型サービスなのでチャージが必要だが、現金チャージに対応している加盟店が多く、クレジットカード、銀行口座からのチャージにも対応していて、必要なときにはすぐにチャージできる。クレジットカードを使いたい人も使いたくない人も、カードを持てない未成年でも便利に使えるのはうれしい。また、アプリでオートチャージ設定をすれば、チャージの手間が省けるのでさらに楽だ。

 もともとは複数の企業の出資によって設立されたビットワレットが導入したサービスなので、楽天スーパーポイントだけでなく、さまざまなポイントサービスと連携できる点も好印象だ。

デメリット:Apple Payに対応していない

 最大のデメリットは、Apple Payに対応していないこと。同じ電子マネーのSuicaがApple Payに対応していることで、便利さの面で楽天Edyを少し引き離した印象がある。おサイフケータイジャケットやwena wristと連携させればiPhoneでも使えるが、追加コストが掛かる上に荷物が増えるため、ハードルが高い。iPhone(Apple Pay)で楽天Edyが使えるようになれば、肩を並べるサービスになるだろうと感じる。

 画面ロック解除をせず、ただスマホをかざすだけで決済できるので、スマホの紛失時にICカードロックをかけていない限り、拾った第三者が楽天Edyを使って支払うこともできてしまう。紛失時はキャリアに連絡してスマホの機能を停止してもらうと、おサイフケータイの機能もロックされる。

 機種変更時には、楽天Edyアプリで機種変更の手続きが必要だ。特に旧端末を下取りに出す場合には、必ずその前に残高の移行を行う。機種変更時に何もしなくていいQRコード決済よりは注意する必要がある。

 アプリの使い勝手については、チャージ用にせっかく複数のカードや銀行口座を登録できるので、チャージボタンから、その都度チャージ方法を選べると良かったと感じた。

幅広いおサイフケータイユーザーに勧めたい

 フィーチャーフォン時代からのモバイル決済サービスとして実績を積み上げてきたので、チャージ方法が多彩で対応店舗も多く、使いやすいサービスだ。楽天の名前が付いているが、さまざまなポイントサービスと連携するので、楽天会員だけお得というわけではない。おサイフケータイを使っているユーザーに広く勧めたい。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう