今日から始めるモバイル決済
レビュー
» 2018年11月07日 22時30分 公開

ちょっとした注意点も 「Ponta×Apple Pay」の使い方(2/2 ページ)

[井上翔,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ローソン店頭での使い方(注意点あり)

 セットアップが完了したら、ローソン店頭で早速使ってみよう。

 Pontaカード単体で使う場合と、FeliCa対応のiPhone(※1)やApple Watch(※2)でApple Pay決済と同時利用する場合とで流れが若干異なるので、分けて紹介する。

※1 iPhone 7/iPhone 7 Plusの日本モデルと、iPhone 8/8 Plus以降
※2 Apple Watch Series 2の日本モデルと、Apple Watch Series 3以降

Pontaカード単体で使う場合(ポイント支払いする場合を含む)

 Wallet版Pontaカードを単体で使う場合、あるいはWallet版Pontaカードにたまったポイントを支払いに充当する場合は以下の手順で利用する。

  1. ポイントカードの提示を求められたら「iPhoneで(Apple Watchで)」と伝える
  2. デバイスに応じた利用準備を行う
  3. カードリーダライタが光ったらデバイスをかざす
  4. 読み取り完了したことを確認する
  5. 支払いに充当するポイント数を伝える(利用する場合)
  6. 現金、カードなどで代金を支払う

 2番目の手順については、デバイスによってすることが異なる。

  • Touch ID搭載のiPhone:Touch IDに指を置いておく
  • Face ID搭載のiPhone:サイドボタンをダブルクリック(必要に応じて顔認証)
  • Apple Watch:サイドボタンをダブルクリック

 先述の通りに初期設定した場合、リーダライタにかざした時点で自動的にPontaカードが読み込まれる。ただし、複数のパス(ポイントカード)が入っている場合、利用するパスを選択しなくてはならない場合もある。

Apple PayによるFeliCa決済を同時に行う場合(ポイントを支払いに充当する場合を除く)

 Apple PayによるFeliCa決済を利用する場合、決済と同時にPontaカードを読み込むこともできる。手順は以下の通り。

  1. 支払い時に「Apple Payで」と伝える
  2. デバイスに応じた利用準備を行う(支払いに使うカードを選択する)
  3. カードリーダライタが光ったらデバイスをかざす
  4. 読み取り完了したことを確認する

 Apple Payと併用する場合、一番重要なポイントは「支払い方法の伝え方」だ。

 リーダライタのデータ読み取りモードの都合から、Wallet版Pontaカードと併用する場合は「Apple Payで(支払う)」と伝える必要がある(メインカード以外のカードで支払う場合はカードの選択もしておく)。「iDで」「QUICPayで」「Suicaで」というように決済規格を決め打ちで伝えると、Wallet版Pontaカードを読み取らないので注意しよう。

 2番目の手順についてはPontaカード単体で使う場合とほぼ同じだが、Face ID搭載のiPhoneでは顔認証が必須となる。

手順2 「Apple Payで払う」と伝えカードを準備し……
手順3 カードをリーダライタにかざすと……
手順4 支払いが完了し、Pontaポイントも付与される
実際に支払う様子を動画にしたためた

ポイント付与率増加キャンペーンも実施

 Apple Wallet版Pontaカードのサービス開始を記念して、ローソンとナチュラルローソンではWallet版Pontaカードを利用した場合のPontaポイントの付与率をアップするキャンペーンを2019年3月6日まで実施している。

 Wallet版Pontaカードを店頭で利用すると通常の2倍、Wallet版PontaカードとApple Payを併用した場合は通常の4倍のポイントが付与される。詳しくはキャンペーンサイトで確認してみてほしい。


 FeliCa決済と同時にポイント付与処理を行うこと自体は、おサイフケータイ対応のAndroidスマートフォンでは2011年時点で実現している。現在では「ローソンモバイルPonta」(おサイフケータイ用Pontaカード)に加えて、NTTドコモの「モバイルdポイントカード」にも対応している(※3)。

※3 Android版「ローソン」アプリ上では、モバイルPontaカードとモバイルdポイントカードは排他。他のアプリでモバイルdポイントカードを設定済みの場合、ローソンのレジではモバイルPontaカードが優先処理される

 しかし、Androidスマホにおける“かざすポイントカード”は、それほど広く使われているわけではなかったという。

 今回、Pontaカードが日本でシェアの高いiPhoneに対応したことで“かざすポイントカード”は普及するのだろうか。注目したいところだ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう