今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2018年10月31日 20時30分 公開

Apple PayでPontaカードの利用が可能に 11月7日から

ローソンは、Apple Payの使用で共通ポイントサービス「Ponta」が貯まるサービスを提供開始。PontaカードをiOS 12のApple Walletに追加すれば、Pontaカードの提示やバーコード、QRコードのスキャンを行わずにPontaポイントが貯まる・使えるようになる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティングとローソンは、11月7日からApple Payの使用でPontaポイントがたまったり使ったりできるサービスの提供を発表した。

Photo 共通ポイントサービス「Ponta」

 iOS 12のiPhoneで、WalletアプリにPontaカードを追加し、全国のローソン店頭でTouch IDに指を触れたままレジの読み取り端末にiPhoneをかざす、またはFace IDを搭載したiPhone/Apple WatchのサイドボタンをダブルクリックしてかざすとPontaカードが自動的に選べる。Pontaカードの提示やバーコード、QRコードのスキャンは不要だ。

 iPhone 7以降/Apple Watch Series 2以降でApple Payにクレジットカードやプリペイドカード、Suicaを追加している場合は、iPhone/Apple Watchを1度かざすだけでApple Payでの支払いとPontaポイントを同時にためられる。

 PontaカードのWalletアプリへの追加は、Ponta公式サイト「Ponta Web」、アプリ「Pontaカード(公式)」から行える。この他、ローソン店頭でApple Payでの支払いを行った際にiPhone上へ表示される通知からも追加できる。

Photo Pontaカードアプリ

関連キーワード

Ponta | Apple Pay | ローソン | iPhone | Apple Watch | iOS | QRコード | Touch ID


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう