ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Apple Pay」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Apple Pay」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

組み込み開発ニュース:
スマホアプリでeSIMサービスの利用手続きが完結 ソラコムが新サービス開始
ソラコムはiPhoneとiPad向けのeSIMデータ通信サービス「Soracom Mobile」を提供開始した。eSIMデータ通信サービスの利用手続きが専用アプリ上で全て完結する。(2020/2/28)

スマホ決済の利用率はQRコードよりも非接触が多い――MMDの調査
MMD研究所は2月27日、「2020年2月 スマートフォン決済に関する実態調査」の結果を発表した。この半年でスマホ決済を普段利用する人は16.4%から28.6%に増加した。1日に1回以上利用する割合も増えて、スーパーでの利用も大きく伸びている。(2020/2/27)

「プラットフォームサービスへつなげる」:
「eSIMのファーストペンギンに」、ソラコムがiPhone/iPad向けグローバル通信サービスを日米英で販売開始
ソラコムは2020年2月21日、eSIMを使ったiOSデバイス向けの海外データ通信サービス「Soracom Mobile」を、日・米・英で提供開始したと発表した。IoT(Internet of Things)では多様なサービスを展開している同社だが、コンシューマー向けサービスは初めて。ただしソラコムは、単なる海外SIM事業者になろうとしているわけではない。(2020/2/24)

ソラコムが海外向けeSIMサービスを提供 QRコード不要でiOSアプリから設定可能
ソラコムが、海外で利用できるeSIMサービス「Soracom Mobile」を2020年2月21日から提供する。海外へ出張や旅行をする人を主なターゲットとした、コンシューマー向けのサービス。QRコードを読み取る必要がなく、iOSアプリからプロファイルの書き込みができる。(2020/2/21)

ローソン、Apple Pay支払いでdポイント7倍キャンペーンを開始
ドコモがローソンでのApple Payと連動したポイントキャンペーンを実施中だ。(2020/2/19)

dポイントが「Apple Wallet」に対応 iPhoneやApple Watchを使ってローソンでポイントがたまる
NTTドコモの「dポイント」が、iPhoneとApple Watchの「Wallet」に対応。ローソンで利用できるようになった。対応を記念したキャンペーンも実施される。(2020/2/18)

東北・上越・北陸新幹線などの「eチケットサービス」が3月14日にスタート 「Suica」など交通系ICカードで乗り降り可能に
事前登録した「交通系ICカード」で東北・山形・秋田・北海道・上越・北陸新幹線に乗車できるサービスが3月14日にスタート。それに伴い、3月13日をもって「モバイルSuica特急券」のサービスは終了する。(2020/2/4)

「NFC Pay」はいつ普及する? 「顔認証決済」「タッチレスゲート」は? 2025年のキャッシュレスを展望する
19年のキャッシュレス化の動きで大きかったのはコード決済だが、今後数年のキャッシュレス化を見通すと、非接触IC決済の「NFC Pay」の普及にも注目したい。そして、コード決済やNFC Payの次に来るキャッシュレスの技術を見通す。(2020/2/1)

Airペイが「au PAY」を導入 全28種の決済手段に対応
リクルートの提供する決済サービス「Airペイ」が、1月30日からKDDIのスマホ決済サービス「au PAY」を取扱開始。これにより全28種の決済手段に対応となった。(2020/1/23)

Mobile Weekly Top10:
“不適切なメモ”でドコモが謝罪/「auデータMAXプランPro」が値下げ
とあるドコモショップで店員がやりとりしたメモが波紋を呼んでいます。しかし、そのメモに書かれたことは、ドコモに限らず全キャリアの販売店で長年問題になっていることでした……。(2020/1/21)

最短5分で「Apple Pay」「Google Pay」を利用可能に――三井住友カードがクレジットカードの発行時間を大幅短縮 プロパーカードのデザインも30年ぶりに変更
三井住友カードのクレジットカードのうち「プロパーカード」と呼ばれる非提携カードが、30年ぶりにデザインを一新する。新規申し込み完了から最短5分でカード情報を伝達するサービスなど、より利便性を高める取り組みも開始する。(2020/1/15)

三井住友カード、クレカのデザイン刷新 カード情報を裏面に集約、盗み見防止
三井住友カードがクレジットカードのデザインを30年ぶりに刷新。盗み見を防止するため、カード番号とセキュリティ番号を裏面に集約した。ネット経由で申し込むと、最短5分でカード番号とセキュリティ番号を発行するサービスも始める。(2020/1/15)

Apple、綱島に「Apple Fitness Center」を設置
横浜市綱島のApple横浜テクノロジーセンター内に、Appleのトレーニングセンターが設置されていることが分かった。(2019/12/30)

2019年の生活を変えたモノ:「現金」「モバイルバッテリー」「プリペイドSIM」を持ち歩くことが減った
2019年を改めて振り返ると、個人的には“モノを持たなくなった1年”だった。スマートフォンで完結することが増えたからだ。特に「LINE Pay」「ChargeSPOT」「eSIM」の3つは、当たり前のように使うようになった(2019/12/26)

石野純也のMobile Eye:
互いの弱点を解消するau WALLET ポイントとPontaの統合 “キャリアのポイント競争”が変わる
KDDIが、Pontaを運営するロイヤリティ マーケティングと業務提携を結び、au WALLET ポイントをPontaへ統合する。その狙いは、お互いの弱点をカバーすることにある。この提携で、“キャリアのポイント競争”の構図が大きく変わりそうだ。(2019/12/21)

Uber EatsがLINE Payでの支払いに対応 半額クーポン配布も
Uber Eatsの支払い手段としてLINE Payが採用された。これを記念して半額クーポンも配布する。(2019/12/20)

世界のモバイルアプリトレンドを読む:
「Uber」1強だがダウンロード数で「Lyft」が猛追――米国ライドシェアアプリ市場(2019年11月度)
UberとLyftの2社は、ともに株価低迷と黒字化に悩むといわれてきましたが今後、どんな市場戦略を仕掛けていくのでしょうか。(2019/12/24)

タクシー配車アプリ「S.RIDE」がApple Payに対応
キャッシュレスで降車できるタクシー配車アプリ「S.RIDE(エスライド)」がApple Payに対応した。Walletアプリでクレジットカードを登録すると、S.RIDEの支払いにApple Pay(JCBかAmerican Express)を選択できる。(2019/12/17)

駐輪場でコード決済、NCDが開発 PayPayやLINE Payなどが対応
日本コンピュータ・ダイナミクスは、QRコード決済対応の駐輪場精算システムを開発。専用システム「ES21 QRコード決済システム」を活用し、駐輪番号を入力すると自動的に料金が表示され、好みの決済サービスを選択すれば決済が完了する。(2019/12/3)

狙われるホテル業界 カード情報や認証情報盗む巧妙な詐欺メールが横行か
宿泊施設を標的とするサイバー犯罪集団は、巧妙な詐欺メールを送り付けてホテルのシステムにマルウェアを仕込み、クレジットカード情報や認証情報を盗み出している。(2019/11/29)

Apple、Apple Payで支払ってAIDSとたたかうキャンペーンを実施
AppleがApple Payでの支払いでAIDSなどの対策基金に寄付。(2019/11/26)

PayPal、価格比較・リワード情報ツールのHoneyを約40億ドルで買収
オンライン決済大手のPayPalが、価格比較・クーポン情報ツールのHoneyを買収すると発表した。買収総額は約40億ドル。ツールをPayPalに取り込み、ユーザーの購入体験を改革するとしている。(2019/11/21)

トヨタがスマホ決済に参入 「TOYOTA Wallet」アプリ提供、iDやコード決済が利用可能
TOYOTAがスマートフォン決済アプリ「TOYOTA Wallet」を発表。11月19日にiOSアプリを提供する。iDを活用した非接触決済と、Origami Pay、銀行Payを活用したコード決済を利用できる。(2019/11/19)

d払いで「iD」が利用可能に ドコモのAndroid端末から順次
NTTドコモの決済サービス「d払い」が、同社の非接触IC決済プラットフォーム「iD」に対応する。第1段階では、既存の「dカードmini」を置き換える形で、ドコモのAndroid端末で利用できるようにする。第2段階ではウォレット残高の利用に対応し、iPhoneでも利用できるようにする計画だ。(2019/11/18)

Apple、プライバシーと安全性取り組みを説明 上白石萌音ナレーションでYouTube公開
「iPhoneのプライバシー ― シンプルなこと」がYouTubeで公開されている。(2019/11/8)

スマホ決済 11月開催のキャンペーンまとめ
「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象店舗でキャッシュレス決済をすると、5%か2%の還元を受けられる。そんな中でも、決済サービス事業者は、独自のキャンペーンを提供しているところが多い。今回は11月の主なキャンペーンや還元施策を紹介する。(2019/11/7)

iPhone 11で超広帯域無線 (UWB) のアップデートに失敗すると要修理に
新搭載のU1チップで使えるはずのUWBが原因で修理が必要な場合が生じる。(2019/10/16)

iPhone Tips:
iOS 13の新機能「ダークモード」を使いこなす
iOS 13で利用できる新機能の1つが「ダークモード」だ。ダークモードは黒を基調とした配色なので、暗い場所でiPhoneの画面を見るときに目の負担を軽減する効果がある。その設定方法を紹介しよう。(2019/10/4)

森永卓郎が解説〜消費税ポイント還元はどの電子マネーがいちばん高いか
初心者はどれを選べばいい?(2019/10/3)

「iPhone 11 Pro」を発売日に1万円引きでゲット 増税前後で盛り上がる還元キャンペーンの恩恵を受けてみた
記者が還元キャンペーンを言い訳に、新型iPhoneを購入した話。(2019/10/2)

JCB、“現金を使いそうなお店”でキャッシュレスキャンペーン
JCBが、10月1日にキャッシュレス決済を対象としたキャンペーン「#JCB みんなのキャッシュレス」を開始した。第1弾として、新橋ガード下横丁にて、10月1日から10月7日まで実施する。期間中は、いつ来店してもドリンクが半額になる他、キャッシュレス決済限定メニューを提供する。(2019/10/1)

「ものすごい反響」のJCB20%還元、ただしJCBブランドとJCB発行の違いに難しさ
JCBが実施しているQUICPay20%還元キャンペーンは、還元上限額が1万円と大きいこと、また新規会員に限定せずに既存ユーザーが利用できること、さらに複数枚のJCBカードを持っていればそれぞれに還元があることから注目を浴びた。一方で、JCBブランドとJCB発行カードの違いは、利用者に混乱も招いている。(2019/10/1)

半径300メートルのIT:
不正利用されて感じた、クレジットカードの安心感
決済手法の多様化が進んでいます。現金取引かキャッシュレスか、キャッシュレスならどのサービスを使うか……ポイント還元率やキャンペーンも魅力的ですが、「どうしても発生する被害」としての、不正利用への体制も考えてみませんか?(2019/10/1)

リピート率は業界平均の1.5倍:
オーダースーツで3年連続200%成長を続けるFABRIC TOKYO 大企業キラーの裏に「D2C」モデル
オーダーメイドスーツを手掛けるFABRIC TOKYOが新たなビジネスモデルを展開する。同社はB2Cモデルを武器に成長を続けている。新たにAppleも展開する「RaaS」モデルを掲げ、サブスクリプションやサーキュラーエコノミー、スマートファクトリー構想などを発表。(2019/9/27)

三井住友カードが6歳から発行できるプリペイドカード「Visaプリペ」 タッチ決済にも対応
Visaのタッチ決済に対応したプリペイドカードが登場。満6歳の小学生以上から発行できる。(2019/9/25)

半径300メートルのIT:
PCなしでiPhoneのデータ移行やってみた! SuicaやLINEユーザーは気を付けて
毎年、新しいiPhoneが発売される度に購入してしまう筆者。2019年もやっぱり買ってしまいました。機種変更に伴って「iPhoneからiPhoneへのデータ移行」を試したところ、とても便利だったものの、注意点も幾つかあるようで……。(2019/9/25)

林信行がレビュー:
魅力を再構築した新モデル「Apple Watch Series 5」の進化と変化
スマートウォッチで独走を続けるApple Watchも、登場から5年目を迎える。新モデルSeries 5の魅力はどこにあるのか。林信行氏がレビューをお届けする。(2019/9/18)

DisneyのアイガーCEO、Appleの取締役を辞任 競合する「Disney+」と「Apple TV+」のスタート前に
Appleの取締役を2011年から務めてきたWalt Disneyのボブ・アイガーCEOが、Appleの取締役を辞任した。Appleは9月10日、Disneyが11月12日に月額6.99ドルで提供開始する「Disney+」と競合する「Apple TV+」を11月1日に月額5ドルで提供すると発表した。(2019/9/15)

Visaタッチ1000万枚突破で本命が始動? 「タッチ決済が究極のソリューション」とVisa
キャッシュレス決済の大本命が動き始めた。Visaカードが進めるコンタクトレス決済手段の「Visaタッチ」だ。Visaジャパンは9月12日に、Visaタッチ対応クレジットカードが1000万枚を突破したことを発表した。併せて、Visaデビットの発行枚数も1000万枚を突破した。(2019/9/12)

10〜11月の「三太郎の日」、Apple Payで最大10%、au PAYで最大20%を還元
KDDIは、9月12日に「三太郎の日」の10〜11月特典について発表した。「Apple Pay」の利用で最大10%、「au PAY」の利用で最大20%をau WALLETポイントで還元する。(2019/9/12)

「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」は何が違う? ざっくり整理
2019年の新型iPhoneとして、「iPhone 11」「iPhone 11 Pro」「iPhone 11 Pro Max」が発表された。いずれも製品名に「11」を冠するが、何が違うのか。主な違いはディスプレイとカメラだ。(2019/9/11)

ヤマトの「宅急便をApple Payで送ろうキャンペーン」、最大1万円分のギフトカードが抽選で当たる
ヤマト運輸は、9月9日に「宅急便をApple Payで送ろうキャンペーン」を開始。「宅急便はスマホで送れる。」サービスを利用の際、Apple Payで支払ったクロネコメンバーズへ抽選で最大1万円分のApp Store&iTunesギフトカードをプレゼントする。(2019/9/9)

次期iPhoneはどうなる?:
新型iPhone用ケースに触れる iPhone XSに装着できるか試してみた
「第88回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2019」で、新型iPhone用とされるケースが展示されていた。ラインアップは3機種あることが判明。2018年に発売された「iPhone XS」でも装着できるのか、試してみた。(2019/9/8)

ヤマト運輸、消費税増税で運賃・料金値上げ 現金よりだいたい安い「キャッシュレス決済運賃」を新設定
現金運賃は10円単位、キャッシュレス運賃は1円単位。(2019/9/4)

モバイルSuicaで乗車すると2%のポイント還元 10月1日から
JR東日本は、Suicaを使って乗車するとポイント還元をするサービスを10月1日に提供開始すると発表した。還元率はモバイルSuicaが1回の利用額の2%、カードタイプのSuicaは0.5%にとどまる。(2019/9/3)

ピピッとデビット:
みずほ、リアルタイムで残高がわかるスマホ決済 銀行の強み生かす Apple Payにデビット初導入で
みずほ銀行が8月29日、「みずほWallet for iOS」にデビット決済を導入。Apple Payでデビット決済を使えるサービスは初。期間限定でキャッシュバックキャンペーンも実施。キャッシュレスに生かせる銀行ならではの強みとは?(2019/8/29)

みずほ銀のデビット決済「Smart Debit」が「Apple Pay」に対応、20%還元も実施 少額決済ユーザー取り込みへ
みずほ銀行のデビット決済サービス「Smart Debit」が「Apple Pay」に対応。iOS端末向けには「Mizuho Suica」との併用を促進し、少額決済ユーザーの獲得を図る。利用促進に向けた20%還元キャンペーンも実施する。(2019/8/29)

みずほWallet、Apple Payでのデビット払いに対応 
みずほ銀行が8月29日、iOS向け「みずほWallet」アプリにて、バーチャルデビット「Smart Debit」の提供を開始する。Apple Payでデビット決済が可能になる。あわせてキャッシュバックキャンペーンも実施する。(2019/8/29)

仮想通貨からau WALLET 残高にチャージ可能に 「DeCurret」アプリを利用
8月21日から仮想通貨から「au WALLET 残高」にチャージ可能に。「DeCurretアプリ」を利用し、仮想通貨の出金先として「au WALLET 残高」へのチャージを選択できるようになる。(2019/8/21)

Apple、「Apple Card」の提供を開始 米国ユーザー向け
Uberと組んだプロモーションプログラムもスタートした。(2019/8/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。