まとめ
» 2018年09月17日 17時15分 公開

間もなく配信! 「iOS 12」の新機能をまとめてチェック (1/2)

iOSデバイス向けの最新OS「iOS 12」が、日本時間で9月18日(恐らく未明)に配信される。iOS 12では何が変わるのか。Appleが公開している情報をもとに予習しておこう。

[田中聡,ITmedia]

 iOSデバイス向けの最新OS「iOS 12」が、日本時間で9月18日(恐らく未明)に配信される。iOS 12では何が変わるのか。Appleが公開している情報をもとに予習しておこう。【訂正あり】

iOS 12

対応機種は?

 iOS 12の対応機種は、iPhoneが「iPhone 5s」以降、iPadが「iPad mini 2」以降、iPodが「iPod touch(第6世代)」で、iOS 11と変わらない。2013年に発売されたiPhone 5sは、約6年にわたって最新OSが利用できることになる。

iOS 12 「iOS 12」の対応機種

旧機種のパフォーマンス改善

 iOS 12では旧機種の使い勝手が向上し、アプリの起動やキーボードの入力などが、より高速になるという。これはiPhone 5sを含む全てのiOS 12対応機種が対象になる。

 AppleがiOS 11.4とiOS 12のiPhone 6 Plusで比較したテストによると、カメラの起動速度は最大70%速く、アプリの起動は最大2倍速くなり、文字入力をする際のキーボードの表示は最大50%高速になったという。

FaceTimeで最大32人での通話が可能に

 FaceTimeは最大32人のグループ通話に対応。グループ通話に参加しているユーザーはタイル状に表示され、発言をした人のタイルが自動で大きく表示される。任意のユーザーのタイルを大きく表示することも可能。自分の顔に、アニ文字やミー文字のキャラクターを重ねて表示する使い方もできる。グループFaceTimeは、メッセージアプリのグループスレッドから開始できる。

iOS 12 複数人でのFaceTime通話が可能に

「アニ文字」は舌の動きも表現可能に

 iPhone Xシリーズのインカメラ(TrueDepthカメラ)を活用し、ユーザーの顔の動きに呼応したアニメーション付き絵文字をメッセージアプリで送信できる「アニ文字」は、新たに舌の動きやウインクの表現も可能になった。また「お化け」「コアラ」「虎」「ティラノサウルス」の素材が追加される。

iOS 12 「アニ文字」で使える素材数が増加

自分だけの「ミー文字」を作成できる

 アニ文字の素材として、自分の分身として作成した「ミー文字」も使えるようになる。ミー文字は髪形、メガネ、肌色、鼻と唇などを細かに調整して作成できる。プロセッサに「A12 Bionic」を搭載したiPhone XS/XS Max/XRは、インカメラが50以上の顔の筋肉を捉え、ミー文字がより自分そっくりに動いてくれる。

【訂正:2018年9月18日16時2分 初出時に、iPhone XS/XS Max/XRは「自動でミー文字を作成してくれる」と記述していましたが、正しくは「より自分そっくりに動いてくれる」でした。おわびして訂正致します】

iOS 12 自分の分身を作れる「ミー文字」

メッセージアプリから手軽に写真加工

 メッセージやFaceTimeなどのアプリからカメラを起動して、自撮りした写真をサードパーティーのアプリで加工して送ったり、アニ文字やスタンプを組み合わせた動画を送ったりできるようになる。

iOS 12 メッセージアプリのカメラアイコンから撮影→サードパーティーアプリを使っての加工ができる

ARKitが「2」にバージョンアップ

 AR(拡張現実)アプリを開発するためのプラットフォーム「ARKit」が「ARKit 2」にバージョンアップ。マルチユーザーに対応し、複数のユーザー同士でARゲームなどを楽しめる。3D物体認識にも対応し、新たなAR対応「計測」アプリを使うと、カメラで捉えた物体の寸法を測れる。

iOS 12 「ARKit 2」では複数人でのプレイが可能に

スマホ依存を防ぐ「スクリーンタイム」

 新たに提供される「スクリーンタイム」では、iPhoneの使用時間、よく使うアプリ、通知の回数など詳細な利用状況を確認したり、特定アプリの利用時間を制限したりできる。さらに、ファミリー共有を活用し、親のiPhoneから、連携している子どものiPhoneの利用状況確認やアプリの利用時間制限も可能。

iOS 12 iOS端末のしよう状況を事細かに管理できる「スクリーンタイム」

通知がよりスマートに

 ユーザーが通知に気を取られなくなるよう、着信音を鳴らさない、ロック画面に表示しないなど目立たない形で通知をしたり、同じアプリからの通知を1つの通知にまとめたりできる。

iOS 12 同じアプリの通知を1つにまとめられる。タップすると、それぞれの通知を確認できる

「おやすみモード」が時間帯や場所と連動

 通知や着信をオフにする「おやすみモード」は、特定の時間帯や場所から自動設定されるようになる。例えば会議中のみ、また会社にいるときは一切通知を鳴らさないようにできる。

カメラ機能の進化

 デュアルカメラで背景をぼかして撮影できる「ポートレートモード」も進化。「人を検出するとカメラがマスクを生成し、賢くエレガントに背景から人を際立たせる」という。QRコードは、カメラがフレームないのQRコードを強調表示することで、より簡単にスキャンできるという。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう