「Wear OS」に「バージョンH」アップデート──バッテリー関連などの新機能追加へ

» 2018年11月16日 12時13分 公開
[佐藤由紀子ITmedia]

 米Googleは11月15日(現地時間)、スマートウォッチOS「Wear OS by Google」(以下、「Wear OS」)のアップデート「System Version: H Update」を向こう数カ月中にOTAで提供すると発表した。

 Wear OSの現在のバージョンは「2.2」。Hが何に由来するのか、“システムアップデート”が何を意味するのかの説明はない。今後のアップデートがアルファベット順になるかどうかについても言及されていない。ヘルプページには、バージョンを確認すると「たとえば、Wear OS by Google のバージョンが「2.1」、システム バージョンが「H」のように表示され」るとある。

 wear バージョン確認画面

 このアップデートでの新機能として、以下が紹介された。

  • バッテリーセーバーモードの改善:バッテリー残量が10%を切ると自動的にバッテリーセーバーモードになる
  • “オフボディ”機能:腕から外すなどして30分以上動きがないと「ディープスリープ」モードになる
  • アプリ再開機能:すべてのアプリで、起動すると前回終了した画面が表示されるようになる
  • 2ステップで電源オフ:電源ボタンの長押しで電源オフ画面が表示され、そこで電源オフか再起動を選択できるようになる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年