ニュース
» 2018年11月16日 15時47分 公開

「ドコモ光」で誤請求 3年間で総額約200万円を返金せず

一部ユーザーに対し「ドコモ光」の請求に誤りがあったことが判明。ユーザーに起因しない理由でドコモ光を利用できなかった期間に返金していなかった。対象ユーザー数は938件、返還総額は約200万円。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは11月16日、一部ユーザーに対し「ドコモ光」の請求に誤りがあったことを案内した。

 ドコモ光の無派遣工事による開通では、マンション内共有部分の断線など、ユーザーに起因しない理由でドコモ光を利用できない期間が発生した場合、開通工事日〜利用開始期間の基本使用料などを返還していた。しかしNTT東日本とNTT西日本からの通知に漏れがあったため、該当する一部のユーザーに対して料金の返還ができていなかった。

 該当する期間はドコモ光が開始した2015年3月から2018年6月まで。対象ユーザー数は938件、返還総額は約200万円。対象サービスはドコモ光、ドコモ光電話、ドコモ光電話の付加機能、ネットトータルサポート、光ルーターセキュリティ、ドコモ光電話対応無線LANルーター、追加無線LANカード、光リモートサポート、ユニバーサルサービス料。

 請求の誤りが特定できるユーザーに対しては、ドコモから個別に連絡した上で返金する。ただし関西、四国エリアの一部ユーザーについては、NTT西日本が工事情報を把握することが難しいため、ユーザーからの申告に基づいて対応する。問い合わせ窓口は0120-930-573。

ドコモ光 NTTドコモの案内

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう