ニュース
» 2018年11月21日 09時55分 公開

Meitu、スマートフォンのライセンスをXiaomiに独占供与 美顔アプリにフォーカスへ

セルフィー特化スマートフォンと美顔アプリで知られる中国Meituが、スマートフォンのブランドを中国Xiaomiに供与する。Xiaomiは将来のMeitu端末を販売する。Meituは画像関連アルゴリズムとMeituブランドのスマートフォンカメラの技術開発にフォーカスする。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 セルフィー特化スマートフォンおよび美顔アプリ「MakeupPlus」で知られる中国Meituは11月19日(現地時間)、中国Xiaomiとの戦略的提携を発表した。MeituがMeituブランドのスマートフォンおよびハードウェアのグローバルな独占的ライセンスをXiaomiに供与する。

 meitu 1 Meituのスマートフォンはセルフィーの美顔機能が特徴だ

 Meituブランドの将来のスマートフォンは、その設計、研究開発、製造、販売、マーケティングをXiaomiが担当し、Meituは画像関連アルゴリズムとMeituブランドのスマートフォンカメラの技術を担当する。XiaomiはMeituのセルフィー向け技術を搭載するスマートフォンを販売していく。

 Xiaomiはライセンス料の一部を提携段階で支払い、5年後またはある特定数が販売されてから、残りのライセンス料を支払う。

 Meituは発表文で、同社のミッションは「人々が自分の美しさを表現することを促す」ことであり、Xiaomiとの提携はこのミッション実現のペースを加速させると語った。

 meitu 2 Meituの美顔アプリは日本を含む世界で提供されている

 Meituは2008年、顔認識や動画の技術を駆使したセルフィー向けアプリのメーカーとして起業した。2013年に初のスマートフォンを発売したが、現在までのスマートフォンの累計販売台数はわずか350万台だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう