コラム
» 2019年01月27日 10時30分 公開

2019年の学割、Y!mobileとUQ mobileはどちらがお得?

2019年も学割シーズンが到来した。3キャリアはもちろんだが、サブブランドのY!mobileとUQ mobileも学割を実施している。結論から言うと、UQ mobileの方がお得だと感じた。

[金子麟太郎,ITmedia]

 この春シーズンは子供の進学を機に初めて携帯電話を持たせたり、ケータイをスマートフォンに買い替えてあげたりすることを検討しているご家庭が多いと思う。

 2019年も学割シーズンが到来した。3キャリアはもちろんだが、サブブランドのY!mobileとUQ mobileも学割を実施している。2018年に比較した「Y!mobileとUQ mobile、学割で安いのはどっち?」の記事では、さほど変わらないという結論になった。

 しかし、2019年の学割を比較したら意外な結果になった。結論からお伝えすると、今回はUQ mobileの方がお得だと感じた。

学割 Y!mobileの「ワイモバ学割」
学割 UQ mobileの「ファミゼロ学割」

 Y!mobileとUQ mobileの学割における主な共通点は、キャンペーン期限とキャンペーン対象者。期限は2019年5月31日までで、学生だけでなくその家族も学割の対象となる。

 Y!mobileとUQ mobileにはさまざまな契約方法がある。端末の購入を伴う契約や、SIMカードのみを購入して契約する方法があるが、今回の学割では、新規とMNPによる契約で、端末購入とSIMカードのみでの契約は学割の対象となるが、機種変更は対象外となるので注意したい。

学割 学割の実施期間や特典などの違い

 学割の対象外となる料金プランもある。UQ mobileでは、おしゃべりとぴったりプランS・M・Lどのプランも対象だが、Y!mobileではスマホSプランが学割の対象外となり、MとLのみが対象となるので注意が必要だ。

 その代わりにY!mobileでは、毎月最大9GBまで使える「スマホプランM」が学割適用で1480円(税別、以下同)、毎月最大21GBまで使える「スマホプランL」は3480円となる。

 今回の学割で大きく異なるのはそれぞれの特典内容だ。

 UQ mobileは基本使用料が3〜5カ月無料になる。具体的には以下の通り。

  • 5〜18歳の新中高生は最大5カ月基本料無料
  • 5〜18歳の新中高生以外の小学生や大学生は最大3カ月基本料無料
  • 学生の家族が最大3カ月無料になる。

 特典はまだある。UQ mobileは次回の機種変更まで月額500円の「データ増量オプション(データ量を増やすオプション)」がずっと無料になる。これも大きなメリットだ。

 Y!mobileでは学生とその家族が基本使用料が13カ月1000割引きとなる。ただし先述のようにスマホプランMとLのみが対象となる。

 学割の本人確認は、店頭とWebどちらも学生本人の保険証で行う。

学割期間中はいくらお得になる?

 特典内容に相違があるので、なかなか単純に比較することが難しい。では、学割適用期間ではそれぞれでどれだけお得になるのか、料金プランごとに比較してみよう。

学割 料金プランごとの割引額

 上の表は1回線(1人)ごとに受けられる毎月の割引額を適用月分だけ掛け算したもの。つまり、家族が多ければ多いほどお得になる。

 上の表でも分かる通り、UQ mobileでは新中高生がお得に使える。新中高生以外の5〜18歳は、プランLなら5カ月で2万4900円もお得に使える。Y!mobileはプランMで新中高生(5〜18歳)がお得になるが、より多くの料金プランで得をするのはUQ mobileの方かもしれない。

 ただし、これは端末代金を含めないで考えた場合の内容や金額だ。筆者は各ショップに出向き、料金シミュレーションしてみたが、端末を一括0〜1円で販売し、学割の他にも複雑な条件を提示して契約に組み込むことで、毎月の維持費をさらに安くしようとしているお店もあった。学割によって受けられる割引率は条件をクリアすれば同じだが、購入する機種によっては実際の請求金額が異なる。

Y!mobileとUQ mobileの特長をおさらい

 スマートフォンをどのように活用するのかでも選び方が異なってくる。通話に強いY!mobile、データに強いUQ mobileというように、用途に応じた選び方ができる。

 例えば、Y!mobileとUQ mobileには以下の特長(違い)がある。

  • Y!mobileには国内通話が24時間定額でかけ放題になるオプションがある
  • UQ mobileでは毎月のデータを繰り越すことができる

 通話をたくさんするなら、学生も家族もY!mobileがオススメ。ネット利用をする月とあまりしない月、変動があれば、余ったデータを繰り超せるUQ mobileがオススメだ。

 これらについては、「店頭では聞けない? Y!mobileとUQ mobileの意外な違い」で詳しく解説しているのでご参照いただきたい。

UQ mobileのキャッシュバックキャンペーンにも注目

 Y!mobileとUQ mobileは学割以外にも、さまざまな内容のキャンペーンを実施している。数ある中でもオススメしたいのが、UQ mobileの販売代理店がネット限定で実施している「最大1万3000円のキャッシュバックキャンペーン」だ。こちらはファミゼロ学割との併用も可能だ。

 キャンペーン名称の通り、最大1万3000円のキャッシュバックをスマートフォン1台の購入につき、受けられる。4人家族なら最大5万2000円がキャッシュバックされる。

【更新:2019年1月28日23時17分 本キャンペーンは、UQ mobileの販売代理店が実施している旨を追記しました。】

学割比較も料金比較も単純ではない

 学割について最も言及したいのは、もっとシンプルに料金選びをしたいということ。大手キャリアの料金プランもそうだが、複雑極まりない上に分かりにくい。この辺りを改善すると、より多くの消費者が真剣に料金選びに時間を費やせると思う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう