ニュース
» 2019年02月18日 17時00分 公開

2代目「ロボホン」2月27日発売 “歩行レス”登場の狙いは? (1/3)

シャープが約2年ぶりに「RoBoHon(ロボホン)」をモデルチェンジ。歩行・起き上がりに対応しない代わりに価格を抑えたライトモデルも登場。新サービスも順次投入する。

[井上翔,ITmedia]

 シャープは2月27日、モバイル型ロボット「RoBoHon(ロボホン)」の第2世代モデルを発売する。VoLTE通話もできる「LTE/3Gモデル(SR-03M-Y)」、Wi-Fi(無線LAN)通信に特化した「Wi-Fiモデル(SR-04M-Y)」の他、Wi-Fiモデルから歩行機能と起き上がり機能を省いた「RoBoHon lite(ロボホンライト、SR-05M-Y)」もラインアップに加えた。希望小売価格はLTE/3Gモデルが18万円、Wi-Fiモデルが12万円、RoBoHon liteが7万9000円。全モデルともに2月18日13時からCOCORO STOREで予約を受け付けている。

 なお、一部の派生モデルを除き、利用にあたっては「COCORO PLAN(ココロプラン)」(月額980円)への加入が必須となる。

RoBoHon RoBoHon(SR-03M-Y)。初代から耳や胸元のカラーリングがイエローに変わった
RoBoHon lite 歩行機能を省いたRoBoHon lite。パッケージもシンプルだ(卓上ホルダーは別売)

(記事中の価格は全て税別)

製品の概要

 今回発表された3モデルは、モバイル通信機能とそれに付随する機能の有無、歩行・起き上がり機能の有無以外の機能については共通仕様となる。

 プロセッサはQualcommの「Snapdragon 430」で、メインメモリは2GB、ストレージは16GBを備える。ディスプレイは約2.6型QVGA(240×320ピクセル)液晶で先代より大型化しているが、身長は「アクセサリーやソリューションの互換性を重視して」(関係者)据え置いている。

ディスプレイ全体図 ディスプレイは大型化したが、身長は据え置いている

 カメラは800万画素CMOSセンサーで、レンズを先代より広角とすることで、新機能の「お留守番」(後述)でより便利に使えるようにしている。OSはAndroid 8.1を搭載するが、ロボホンに最適化されたアプリのみ対応する(「LINE」や「radiko」など46種類を用意)。

おでこのカメラカメラアプリ カメラは従来モデルよりも広角に

 Wi-Fiは、2.4GHz帯に加えて5GHz帯(IEEE 802.11ac/a)にも対応。電子レンジが稼働している中でも安定して通信できるようになった。Miracastを使った映像投影も可能だ。Bluetooth 4.2にも対応している。

 LTE/3Gモデルは、以下の周波数帯(Band)での通信に対応する。

  • FD-LTE:Band 1/3/8/19/26
  • TD-LTE:Band 41
  • W-CDMA:Band 1/6/8/19

 LTE通信時はVoLTE通話も可能で、通常のVoLTEよりも少し高音質な「EVS-WB」コーデックにも対応する。連続通話時間はVoLTE利用時が最大400分、W-CDMA利用時が約380分。連続待ち受け時間はLTEネットワークで約220時間、W-CDMAネットワークで約230時間となっている(いずれも静止状態でのメーカー公称値)。

電話画面 LTE/3Gモデルは通話にも対応

派生モデル

 第2世代ロボホンは先述の3モデルの他、現時点において一般ユーザーが入手できる派生モデルが2つ登場している。

ロボホン lite HEMS(シャープ)

 「RoBoHon lite HEMS(ロボホンライトヘムス)」(SR-05ME-Y)は、シャープ自らが発売する派生モデルで、RoBoHon liteをベースにシャープのHEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)コントローラーとの連携機能を追加したモデル。価格はオープン設定となっている。

 このモデルでは、HEMSコントローラーを介して「ECHONET Lite」に準拠するエアコン、給湯器、電動窓シャッターの音声操作に対応。IoTリモコンを介してテレビ、レコーダーや照明などの音声操作も可能だ(※1)。さらに、同社の太陽光発電・蓄電池システムと連携させると、発電状況などを確認することもできる。これらの機能については、利用開始から3年間はCOCORO PLANを契約しなくても利用できる(※2)。

※1 発売時点ではリンクジャパン製の「eRemote mini」に対応。その他のロボホンでも、3月(予定)にリリースされるアプリを別途インストールすれば対応可能
※2 3年経過後は、COCORO PLANに加入すると継続利用できる

IoTリモコン リンクジャパン製のIoTリモコン「eRemote mini」を介した家電のリモート音声操作に対応。通常モデルでは別途アプリのインストールが必要だが、HEMSモデルはこのアプリがプリインストールされる
発電十分で万歳 シャープの太陽光発電システム「SUNVISTA(サンビスタ)」と連携すると、買電なし(売電中または自家消費中)になると“バンザイ”してくれるギミックも

ONLYROBO ロボホン プレミアム(ベネフィットジャパン)

 「ONLYROBO ロボホン プレミアム(SR-S03BJ)」は、ベネフィットジャパンが販売するオリジナルモデル。LTE/3Gモデルをベースに、ロボホンを操作できるアプリをプリインストールしたAndroidタブレット(Wi-Fi専用)を付属。オリジナルカラーの「ブラウン」をまとい、「自宅にWi-Fi環境がない家庭への導入を想定」(関係者)してテザリングも利用できるようにした。

 発売は3月2日を予定しており、販売価格は22万6800円。同社のMVNOサービス「ONLYSIM」のSIMカードとセットで購入した場合に限り、分割払い(36回または60回)での購入も受け付けている。

ONLYROBO ロボホン プレミアム(SR-S03BJ) ONLYROBO ロボホン プレミアム(SR-S03BJ)は、オリジナルカラーのブラウンで登場
タブレット 同モデルに付属するAndroidタブレット(右)には、連携対応の専用アプリがプリインストールされる。なお、ベネフィットジャパンでは左に写っている通常色モデルもオリジナル型番(SR-S02BJ)で販売するが、こちらにはタブレットは付属しない
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう