プロナビ
レビュー
» 2019年02月28日 11時15分 公開

モバイルdeワークスタイル変革:機能を駆使して仕事効率アップ! 記録用デジタル文具としての「Galaxy Note」 (1/2)

サムスン電子の「Galaxy Note」シリーズは「Sペン」という独自のスタイラスペンが特徴。単にペンが使えるだけではなく、その機能をつかいこなすことで、仕事の効率も大幅にアップします。この記事では、筆者なりの活用方法をご紹介します。

[すずまり,ITmedia]
Galaxy Note8 筆者のGalaxy Note8。仕事で使うときはネックストラップにできるようにしています

 私にとって、スマートフォンの存在は仕事に大きな貢献を果たしています。挙げたらキリがないのですが、スマホを手にした当初は……。

  • GPSを使った地図で、自分の位置、向いている方角が把握できるうえ、地図を進行方向に合わせて自由に回転できるので、訪問先までのルートを間違える確率が激減
  • 現在地から目的地までの移動所要時間と費用を、正確に把握できるようになった
  • 移動に関する通知をあらかじめ受けられるので、時間に遅れるミスも心配しなくてよくなった
  • 加齢による視力の問題で文字サイズを大きくしても、表示できる情報量が増えた
  • 検索が楽になった
  • 文書ファイルを扱えるようになった
  • 「アプリ」により自分の欲しい機能を追加できるようになった

 というように、スマホが仕事やライフスタイルに対する革命をもたらしたのです。

 初めて手にしたころと比べて、スマホはさらに進化。コンパクトデジタルカメラを持ち歩かなくて済むレベルにまで高まったカメラ機能を始めとして、それぞれの機種が持つ個性が仕事において大いに役立っています。

 その代表格が、独自のスタイラスペン「Sペン」を内蔵しているサムスン電子の「Galaxy Note」シリーズ。最新モデルは「Galaxy Note9」ですが、懐事情もあり、筆者は先代の「Galaxy Note8」を愛用中。仕事上の記録文具として日々活躍しています。

 Galaxy Noteシリーズは、ペンの書き味にとことんこだわって進化してきました。ディスプレイ上に書いているにも関わらず、ペン先が滑らず、カツカツとぶつからないため、紙の上に書いているような書き心地を実現。自分の筆跡で書きやすいだけでなく、長時間書き続けても疲れにくいのが大きなメリットです。

Sペン Galaxy Noteの特徴である「Sペン」。これがなければ始まりません

 本当は最新モデルでドヤ顔したいところですが、現状のNote8でも仕事道具としては十分に満足です。

仕事で便利な5つの機能

 Galaxy Note8には、ペン端末好きな筆者の心をつかむ便利ポイントが5つあります。どれも仕事で使う上で多いに役立ちます。

(編集注:これから紹介する便利ポイントは、現行の「Galaxy Note9」も備えています。ぜひ参考にしてください)

その1:画面オフメモ

 Galaxy Note8には「画面オフメモ」という機能があります。

 スリープ中でもSペンを本体から抜くとメモを取れます。メモを取り終わったら、Sペンを本体に戻せば自動的に保存されます。とっさのメモがしやすいので、非常に便利です。

 筆者の場合、メインの携帯電話にかかってきた電話のメモを取る際によく使っています。電話をする前に、聞きたいことをあらかじめ書き出しておくこともあります。

画面オフメモ 画面オフメモを使えば、スリープ中でもすぐにメモを取れる

その2:メモを取りつつボイスレコード

 Galaxy Note8にはオリジナルのメモアプリ「Galaxy Notes」がプリインストールされています。画面オフメモで書いた(描いた)メモも、このアプリに保存されます。

 このアプリを使うと、音声を録音しながら手書きメモが取れます。メモと音声を1つのファイルとして保存できるため、取材後のデータ管理が格段に楽になりました。

Galaxy Notesアプリ録音中 プリインストールされているGalaxy Notesアプリ。録音データ付きのメモは、一覧表示でもすぐ分かる
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう