ニュース
» 2019年04月23日 11時00分 公開

スマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」がラインアップを拡充、42mmモデルも登場

4月23日、ファーウェイ・ジャパンはスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」シリーズに、46mmケースのアクティブモデルと、42mmケースの合計4モデルが登場する。

[田中宏昌,ITmedia]

 ファーウェイ・ジャパンは4月23日、スマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT」シリーズに新モデルを追加、ラインアップを拡大した。ケースの直径が46mmのアクティブモデル(ケースの素材はチタングレーステンレス)としてダークグリーンとオレンジのバンドカラーが加わり、新たに直径42mm(素材はステンレススチール)のエレガントモデル(ブラックとホワイト)が登場する。

 発売日と価格は、46mmモデルが4月26日で税別2万2880円、42mmは5月下旬予定で価格は後日発表予定、主要な家電量販店やWeb通販サイトを通して販売される。

HUAWEI WATCH GT 46mmのアクティブモデルに加わるダークグリーンとオレンジ

新たに42mmのケースも登場

 これは、3月26日(現地時間)にフランスで開かれた新製品発表イベントで発表されていたもので、独自OS「LightOS」が引き続き採用されている。

Huawei、スマートウォッチ「Watch GT」に「Active」と42mmの「Elegant」追加

 HUAWEI WATCH GTは、GPSやGLONASS、Galileoを使った単独測位に対応し、スマートフォンを家に置いた状態でもウォーキングやランニングなどのトラッキングが可能だ。46mmのケースは1.39型(解像度は454×454ピクセル)、42mmは1.2型(解像度は390×390ピクセル)の有機ELを装備する。

HUAWEI WATCH GT 42mmケースのブラックとホワイト

 今回登場した全モデルのベルトに、変色せずべたつきにくく、耐久性に優れたフルオロエラストマー素材を採用したのが特徴で、新たにトライアスロンモードが追加され、文字盤のダウンロードが可能になった(後者2つは従来モデルでもアップデートで対応)。

HUAWEI WATCH GT 同社では初となるフルオロエラストマーベルトを採用
HUAWEI WATCH GT 新たに追加されたトライアスロンモード
HUAWEI WATCH GT Watch Face Storeが用意され、スマートウォッチの文字盤が変更できるようになった

 サイズは、46mmが約46.5(幅)×54.2(奥行き)×10.6(厚さ)mmで重量は約46g、42mmが約42.8(幅)×48.8(奥行き)×10.5(厚さ)mmで重量は約36.2gだ。サイズの違いによってバッテリー駆動時間に違いがあり、46mmは通常使用で約2週間(最大稼働日数は約30日、GPS連続使用は約22時間)、42mmは通常使用で約1週間(最大稼働日数は約14日、GPS連続使用は約10時間)となっている。

HUAWEI WATCH GT 46mケースと42mmケースでのバッテリー駆動時間の違い

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう