速報
» 2019年05月07日 12時06分 公開

Googleの自動車アプリ「Android Auto」、「ダークテーマ」などのアップデート

Googleが、自動車向けアプリ「Android Auto」をアップデートした。画面のデザインを車のダッシュボードになじむ「ダークテーマ」にし、ナビ画面でのメディアアプリの操作バーや通知画面の改善が行われた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは5月6日(現地時間)、自動車向けアプリ「Android Auto」をアップデートした。ユーザーインタフェースがかなり変わった。

画面を車のインテリアに合う「ダークテーマ」に

 Android Autoは対応する車種の場合はAndroid端末を車に接続し、車のダッシュボードの画面で表示することもできる。ダッシュボードは暗めの色のデザインのものが多いので、アプリの画面も暗めの「ダークテーマ」にした。ボタン類は見やすい様にカラフルにし、フォントも読みやすいものに変えた。また、ダッシュボードの画面に表示する場合、拡大されるようになった。

 auto 1 「ダークテーマ」

ナビ画面と「Spotify」など他アプリの操作ツールの共存

 ナビ画面上に再生中のメディアアプリの操作バーも表示できる。

 auto 2 ナビ画面にSpotifyの操作バー

新しい通知センター

 新しい通知センターで、着信、メッセージ、アラートの表示を見やすくした。「あなたにとって便利で安全なタイミングで、着信やメッセージを確認し、返信できる」としている。

 auto 3

 Googleは7日から開催の開発者会議「Google I/O 2019」でも自動車向けアプリについてのセッションを予定している(日本時間の8日午前8時から)。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう