ニュース
» 2019年04月15日 12時30分 公開

iOS版「Yahoo!カーナビ」が「CarPlay」に対応 最適化されたUIで利用可能に

iOS版の「Yahoo!カーナビ」アプリが「Apple CarPlay」に対応。同規格に準拠した車載機器に、最適化されたユーザーインタフェースでナビ映像を投影できるようになる。

[井上翔,ITmedia]

 ヤフーは4月8日、自動車用ナビアプリ「Yahoo!カーナビ」のiOS版をバージョンアップ。「Apple CarPlay」に対応した。CarPlay対応機器と、iOS 12以降を搭載するiPhoneを接続して同アプリを起動すると、自動車用ナビとして最適化されたユーザーインタフェース(UI)で操作できるようになる。

 CarPlay対応アプリは現在、新規インストールまたは手動アップデートで利用可能だが、4月16日からは自動アップデートによる適用も開始する予定。

CarPlay対応 Yahoo!カーナビ(iOS版)がCarPlayに対応

 今回のCarPlay対応は、同規格に対応する車載機器が充実してきたことに加え、iPhoneで同アプリを利用しているユーザーから要望が多く寄せられたことがきっかけ。「ルート案内」「音声案内」といった基本的なナビ機能と、CarPlay対応機器との着脱時の「駐車位置保存」をCarPlay経由で利用できるようになった。

きっかけ CarPlay対応のきっかけ
圧倒的な要望 CarPlay対応は、その他の機能的要望よりも多数寄せられていたという

 現状では「アプリ単体の60〜70%程度」(担当者)の機能をCarPlay経由で利用できるが、今後、バージョンアップに合わせて対応機能を追加していく予定。主に以下のものが検討中だという。

  • 「キープ」機能(保存した場所の閲覧や検索への対応)
  • 分岐イラスト(複雑な交差点などでのイラスト表示)
  • 各種設定(アプリ単体で設定できるものの一部をCarPlay上でも設定可能とする)
CarPlayでできること 4月8日リリースのアプリにおいてCarPlayで利用できる機能
ナビ中 安全に考慮して、CarPlayでのナビゲーション中はiPhone側にナビ画面を表示しない仕様となっている
キープ分岐イラスト キープ(写真=左)や分岐イラスト(写真=右)、アプリ設定などをCarPlayでも利用できるように検討中

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう