コラム
» 2019年05月26日 07時00分 公開

モバイルバッテリーおすすめ5選 大容量からコンパクトまで(2019年版)

外出先でスマートフォンの充電が切れそうになったとき、「モバイルバッテリー」を持っていると安心です。この記事では選ぶ上で重要なポイントと、それを踏まえたオススメのモバイルバッテリーをご紹介します。

[ITmedia]

 スマートフォンの充電が足りない――そんなときに役立つのが「モバイルバッテリー」です。最近では家電量販店はもちろん、コンビニエンスストアやスーパーマーケットでも買えるようになりました。

 気軽に買えるものだからこそ、選び方は非常に重要です。そこで、この記事ではモバイルバッテリーを選ぶ上で重要なポイントと、おすすめのモバイルバッテリーをご紹介します。

モバイルバッテリー モバイルバッテリー、どう選ぶ?(画像はイメージです)

容量は「×1.7」で見ると吉

 スマホのバッテリーと同様に、モバイルバッテリーにも容量(ためておける電気の量)があります。モバイルバッテリーの場合、容量は1時間にどのくらいの電流を流せるかを示す「mAh(ミリアンペアアワー)」という単位で表されるのが一般的です。

 実際にどのくらいの容量があれば良いのか、目安を計算式で示すと以下の通りになります。

 必要なモバイルバッテリーの容量=スマホのバッテリー容量×満充電したい回数×1.7

 例えばバッテリー容量が3000mAhのスマホを2回満充電できるモバイルバッテリーがほしいなら1万200mAh以上の容量を備えていればOK、ということになります。

 式中の「×1.7」の根拠は、モバイルバッテリーの電力損失(ロス)。構造上、モバイルバッテリーでは実容量の3〜4割程度のロスがどうしても発生してしまいます。そのため、厳しめに計算すると、スマホのバッテリー容量に満充電したい回数を乗じた上で、その数値を0.6で割った=約1.7倍した容量が必要なのです。

 もっとも、モバイルバッテリーは容量が大きければ大きいほど充電時間も長くなりますし、サイズも重量も増す傾向にあります。複数回満充電できるスペックが必要なのか、そもそも「満充電」にこだわる必要があるのか吟味するようにしたいです。

 Android端末の場合、メーカーやキャリアがバッテリー容量を公表していますから、それを参考にしてください。iPhoneは以下に参考容量を記しておきます(中国TENNA(産業情報技術省)の認証情報から)。

  • iPhone XS:2658mAh
  • iPhone XS Max:3147mAh
  • iPhone XR:2942mAh
  • iPhone 8:1821mAh
  • iPhone 8 Plus:2691mAh
  • iPhone 7:1960mAh
  • iPhone 7 Plus:2900mAh

cheero Power Plus 4 13400mAh 「cheero Power Plus 4」(写真)の容量は13400mAh。iPhone XSをメーカー公称で約3.5回、上記の計算式にのっとると約3回充電できる容量を備えています

「急速充電」に対応している?

 スマホの中には、充電速度を上げる「急速充電」に対応した機種もあります。急速充電方法には幾つかコンパクトなボディーを持ちます規格がありますが、Qualcommが提唱する「Quick Charge(クイックチャージ)」と、USB Implementers Forum(USB-IF)が定める「USB Power Delivery(USB PD)」という規格が主に使われています。

 モバイルバッテリーの電源出力がこれらの急速充電規格に対応していれば、スマホの充電速度をアップすることができます。一方、モバイルバッテリー自身が急速充電に対応していれば、使い終わった後の充電も高速です。

 ただし、急速充電をするには電源の供給元と供給先が同じ規格に対応する必要があります。買う前に、スマホ、モバイルバッテリー、AC(充電)アダプターのそれぞれがどのような急速充電規格に対応しているか、事前に確認するようにしましょう。

 なお、iPhoneでは以下の機種において「USB-C - Lightningケーブル」とUSB PD対応電源を用意すれば急速充電できます。

  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
QC3.0 Qualcommの「Quick Charge 3.0」のロゴ。Quick Chargeはいくつかのバージョンがあり、上位のバージョンは下位のバージョンと互換性を持っています
USB PD電源ロゴ USB-IFの認証に合格したUSB PD対応電源(モバイルバッテリーやACアダプター)に付けられるロゴ(画像は最大40W出力のアダプターに付けられるもの)。このロゴのないUSB PD対応電源もあります
USB PD入力ロゴ USB PDによる電源入力に対応していることを示すロゴ。このロゴがなくてもUSB PD入力に対応する機器もあります

複数台充電する? しない?

 最近のモバイルバッテリーは、複数台充電に対応するものも少なくありません。

 仕事とプライベートといった具合でスマホを2台持ちしている人や、「スマホとカメラ」「スマホとタブレット」といった複数のデジタルガジェットを持ち歩いている人は、電源(USB)出力が複数あるモバイルバッテリーをおすすめします。

 ただし、複数のデバイスを同時に充電すると、その分モバイルバッテリーの電力消費も激しくなります。気を付けましょう。

複数出力 スマホを含む複数台のUSBデバイスを使う場合は、複数の電源出力(USB端子)を持つモバイルバッテリーがおすすめです

モバイルバッテリーのおすすめはコレ!

 これらのポイントを踏まえて吟味すると、モバイルバッテリーは以下の5つがおすすめです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう